保険のおすすめ~基本・交通事故に備える・病気や怪我に備える・子供のための学資保険・災害や火災に備える~





保険 おすすめ

保険のおすすめ~基本・交通事故に備える・病気や怪我に備える・子供のための学資保険・災害や火災に備える~

保険にはいろいろな種類がありますが、昔に比べると保険の種類やサービスが細かく多様化していることから保険を選ぶ場合は、自分の希望する条件にピンポイントの保険選びが可能になりました。

保険の加入率で多いのが医療保険ですが、もともと国民健康保険という強制加入義務のある保険があるのにも関わらず、任意の医療保険が用意されているのは国民健康保険が病気や怪我をした場合に保証が十分ではないことが理由として挙げられますが、もともと国民健康保険は医療費を少しでも負担することを目的とした健康保険なので、怪我や病気をした場合に支払を抑えることはできますが、生活を助けてもらうことはできません。

そのため、医療保険という保険があるのですが、医療保険はプランも多く種類も多いため、保険選びが難しい保険の一つですが、最近ではインターネットで簡単に情報が集められるようになったのでインターネットを有効に活用するとよいでしょう。

また、自動車保険も医療保険と同じで車に乗る場合は強制加入義務のある自賠責保険という保険がありますが、自賠責保険だけでは保証が不十分なので、自分で保障内容をさらに増やすことを目的として加入するのが自動車保険となっています。

自動車保険もプランが多く種類も多くなっていますが、何を補償してもらうかによって保険選びをすることができるため、あらかじめ自動車保険に求めるものをリストアップしておくことでスムーズな保険選びが可能になります。

そして、昔はそこまで充実していなかった学資保険や火災保険、災害保険なども最近では必要性を増しているということもあって、かなり種類が増えてきています。

特に災害保険に関しては、続く自然災害によって近年ニーズが高まっている保険ですが、歴史が浅い保険ということもあって、まだまだ認知度の低い保険なので保険選びは慎重に進めることが大事です。

このサイトでは保険の基本から保険選びまで細かく解説していきます。





保険のおすすめ~保険の基本~

保険の意味

最近では様々なタイプの保険が誕生していますが、保険を取り扱う保険代理店の数もどんどん増えており、インターネットが普及したことによってインターネットでも保険を選ぶことが可能になりました。

日常生活を送る上で何らかの保険には加入していると思いますが、保険は自分で加入するタイプの保険もあれば、国民健康保険など加入義務のある保険など、保険と一言で言っても強制加入義務のある保険と任意加入の保険がありますが、保険会社や保険代理店は任意加入の保険に力を入れています。

保険は毎月一定の保険料を支払っていくのが普通で、保険によっては年払いのところもありますが、このように支払に問題無いくらいの金額のお金を払っておくことで、何かのきっかけでお金がたくさん必要になった場合でもこの積み立てた保険料から支払うことができます。

これが保険のメリットと言えますが、何もなければ積み立てたお金は戻ってこないため、保険の加入を考える場合は予算と保証など総合的に視点からタイプを選んでいく必要があります。

保険は種類も多く、種類によってプランも枝分かれてしているため、保険の仕組みを理解するのは難しいですが、保険の代理店では保険の相談員を用意しているところも多く、保険の相談員に相談することで保険について詳しく教えてもらうことができます。

ただし、保険の相談は有料と無料タイプがあるので、できれば無料のところで聞くようにして無駄な出費を抑えましょう。





保険の歴史

保険と言うと、自動車保険や医療保険や災害保険など、いろいろな保険のタイプが頭にイメージされるかと思いますが、もともとの保険の始まりは生命保険から始まったと言われており、その歴史は古く16世紀頃には現在のような生命保険の仕組みの前身が確立されていたと言われています。

この頃は知り合い同士でお金を集めて、何かあった場合に利用できるように積み立てていただけなので、現在のような複雑な保険の方程式はありませんでしたが、18世紀を過ぎたころになると、死亡率から算出された複雑な計算式により生命保険の計算式が作られることになり、現在の生命保険に近い形の生命保険が誕生しました。

日本で保険制度が始まったのは、19世紀に入ってからだと言われていますが、この保険制度は18世紀頃にヨーロッパで作られた保険制度が日本に入ってきたと言われており、現在の生命保険制度にはこの頃の生命保険の名残が残っています。

生命保険を軸として様々な保険が生まれることになりましたが、特に種類が増えることになったのが戦後と言われており、高度成長期に入るに伴って自動車保険や医療保険など基本的な保険も生まれました。

保険が普及したきっかけにインターネットがあると言われていますが、21世紀になるとインターネットで情報を集められるようになったことに加えて、ネット販売システムが構築されたことで保険会社もネット販売に力を入れるようになり、現在のような保険市場の仕組みができました。





店舗型の保険会社

保険を契約する場合に、店舗型の保険代理店に足を運んで保険の相談員に相談して保険を選ぶというのが、一昔前までの保険スタイルでしたが、最近ではインターネット環境が整ったことで保険をネット販売するところも増えており、インターネットの利便性を活かしたサービスで人気を集めています。

ネット保険販売店の普及で、店舗型の保険代理店も昔ほどの勢いは無くなりましたが、代理店だからできるメリットを最大に活かした保険サービスを行うようになり、代理店には代理店のメリットがあると言えます。

店舗型のメリットというと、直接足を運んで保険の相談員と話しをすることができるということですが、保険は非常に仕組みが複雑ということもあって、自分だけですべてを理解するのは非常に難しくなっています。

同じ保険商品でも保険会社によって金額が全く違うことがあるように、保険選びを間違えてしまうと損をすることになるので、保険の仕組み知った上で保険の契約を進めたいと言う人も少なくないと思います。

店舗型の保険代理店になると分からないことがあれは親切に教えてくれますが、昔は保険の相談員に保険の相談をするというと、それだけでお金がかかっていましたが、最近では無料で相談を受けられるところが多くなっており、金銭的な負担もなく相談ができるというのもメリットです。

また、販売店で話しを聞くとキャンペーンが受けられるようなサービスもあるので、お得にキャンペーンを利用して安い保険を選ぶことができます。





無店舗型の保険会社

保険の歴史はこの100年で大きく2回大きな動きがありましたが、一つは高度経済成長期で、この時期に現在の数ある保険のほとんどが生まれることになり、現在の保険市場の基盤を作ることになりました。

そして、もう一つは21世紀に入る前から入った後にかけてのIT革命で、この時期に保険会社や保険代理店のIT化が急速に進む、以前に比べると細かい顧客管理やサービスが可能になったことに加えて、インターネット上で保険商品を売ることができるようになりました。

昔は店舗を持っている保険代理店が保険の窓口として主流でしたが、最近ではインターネット上に店舗をもたない無店舗タイプのネット販売店が勢いよく伸びてきており、ITを保険事業に活かした取り組みで人気を集めています。

ネット販売店のメリットと言えば、インターネットで気軽に申し込みができるということですが、店舗がある保険代理店に比べると人件費や店舗維持費用が必要無いということからコストを大幅に削減することが可能で、削減できたコストの一部を保険料金に還元することで保険料金の値下げに成功しています。

これが無店舗型の保険会社の強みだと言えますが、無店舗型の保険会社の場合はIT技術をコンテンツに多く取り入れているところが多く、保険をアプリで管理することが可能になっているところやネット上で管理することが可能になっているところもありますが、いずれの場合も手持ちのスマートフォンで簡単に利用することができます。





保険の見直し

保険を選ぶ場合に、保険の見直しを検討したいということで保険を選ぶ人も少なくないと思いますが、保険には色々な種類があるため、保険の見直しをする場合は慎重に行う必要があります。

全く同じ保障内容の保険でも保険会社によって保険料が変わってくることがありますが、これはそれぞれの保険会社で独自の保険プランを用意しているためなので、例えばA社とB社という保険会社があるとして、同じ保障内容を比べた時に自動車保険の保険料がA社の方が高くても医療保険になるとB社の方が高いということもあるため、この保険会社だから保険料が安いということはなく、保険会社が提供している保険プランによって保険料が変わることがあります。

これが保険選びの難しいところですが、保険選びに失敗しないためには事前に保障してもらう内容を細部まで決めておいて、同条件で複数の保険会社から見積もりを取ってもらう方法がベストだと言えます。

ただし、保険会社によっては保険契約が決まった場合に、キャンペーンサービスをしてくれるところもあるため、キャンペーンや保険会社のサービスなども総合的に考えることが大事です。

また、保険の見直しをする場合は、保険の見直しをするだけでキャンペーンを受けることができる保険の比較サイトがありますが、保険比較サイトを利用することによってスムーズに保険会社を比較することができることに加えて、お得なキャンペーンを受けられるのでおすすめです。





終身保険とは

生命保険や医療保険になると終身保険という名称を耳にするようになりますが、生命保険や医療保険は年を取るにつれて保険料が増えていくのが一般的となっており、年齢が若いほど保険料は安いのが普通です。

これは生命保険や医療保険の保険が支払われるケースで多いのが、加齢による病気や寿命となっていることから、年を取れば取るほど保険が使われる可能性が有るので、保険会社は年齢が高くなれば高くなるほど保険料を上げているのですが、終身保険というのは加入から死亡するまで保険料が全く変わらない保険のことで、加齢による保険料の増加が無いということが一番のメリットとなっています。

終身保険は年齢が若ければ若いほど安く加入することが可能で、年を取れば取るほど終身保険の保険料は上がりますが、一度加入すると保険の更新が無いため、同じ保険料を支払うだけで保険サービスが受けられるようになっています。

また、通常の保険料だと掛け捨てになるので、解約しても一円もお金が返ってこないのが普通ですが、終身保険の場合は解約した場合に掛け金の一部が戻ってくるため、終身保険を支払っていく中でお金が返せない状態になった場合に臨時金がもらえるので助かります。

ただし、解約して手元に入る一時金は掛け金の一部なので、途中で終身保険を解約してしまうと損をすることに加えて、再度終身保険に入る場合は以前の保険料よりも保険料が高くなってしまうので負担がさらに大きくなってしまいます。





保険のおすすめ~交通事故に備える保険~

車を運転するなら自動車保険

車を運転する場合に加入するのが自動車保険ですが、自動車を運転していると誰でも交通事故の加害者になるおそれがありますから、自動車を運転する以上は被害者のことも考えて補償が充実した保険を選びたいものです。

自動車保険は事故を起こした場合に被害者の補償が最低限できるように強制加入義務のある保険を用意しているので、自動車を運転していて事故を起こした場合でも少しは補償がされるような制度にはなっているものの、強制加入義務のある保険の場合はドライバーの負担を少しでも減らせるように保険料もできるだけ抑えているということで、補償内容は最低限の補償になっているため、自動車事故のリスクから考えると不十分だと言えます。

そのため、自動車を運転する多くの人は自分から自動車保険に加入して事故に備えていますが、自分で自動車保険に加入する場合は様々なオプションプランや特約を予算に応じて選んで行くことができるため、お金をかければどんな事故が起こってもすべてを補償してくれるプランを用意することができます。

ですが、起こるか起こらないか分からない交通事故に対して生活が苦しくなるほどの掛け金をかけるのもバランスが悪いので、自動車保険に自ら加入しようとする場合は毎月保険料にかけることのできる予算と保証内容のバランスを総合的に考えた保険に加入することが大事ですが、毎月の生活に無理の無い範囲で保険に加入することが大事だと言えます。





自動車保険の種類

自動車保険は強制加入義務のある自賠責保険と任意で加入することができる任意保険がありますが、それぞれが自動車保険として重要になっているので、それぞれの自動車保険の仕組みと性質を理解した上で、自動車保険を選んで行くことが大事だと言えます。

強制加入義務のある自賠責保険は自動車を運転する以上は必ず加入しないといけない保険なので、きちんと車検を受けて車に乗っている以上は加入してないという状況になることは考えにくいですが、自賠責保険の加入タイミングや更新時期は車検時期になっているため、車検に車を通していないと自賠責保険の更新が切れている場合があるので、このタイミングで事故をしてしまうと一円も補償を受けることができません。

この状態を避けるためにも車検時期を忘れないようにすることですが、車検は車検時の一か月前になると受けられるようになるため、早めに車検を受けておくことで車検切れを防ぐことができます。

また、任意で加入できる自動車保険のことを任意保険と呼んでいますが、任意保険になると自分でカスタマイズした自動車保険を作り上げていくことができるので、保障内容や予算から保険のプランを作っていくとよいでしょう。

自動車保険には様々な特約が用意されており、特約を利用することでお得に備えることができますが、特約の中には必要性を感じない特約も多くあるので、自分が自動車を運転する上で必ず必要だと思った特約だけを付加させていきましょう。





対物保証の有無

自動車の保険には自賠責保険と任意保険がありますが、いずれの自動車保険も軸にしているのは対人に対する補償で、自賠責保険に関しては他の保障金額はかなり少なく、任意保険に関しても他の補償を付けるためには特約をつける必要があります。

これは自動車保険の本来の目的が自動車事故を引き起こしてしまった場合に、被害者となる人が出た場合に最低限の補償ができるようにしているためですが、それでも自賠責保険の保障金額は3000万円となっているため、高い保障金額とは言えない部分があります。

任意保険に加入する人の中には対人保障を無制限にする人が多くいますが、それとは別に対物補償を付ける人も多く、対人保障と違って自賠責保険では保障されていない部分なので、対物補償を無制限にして備える人も多くいます。

対物補償というのは、交通事故を起こしてしまった場合に人に対して適用される保険ではなく物に対して適用される保険のことで、交通事故を起こして壊してしまったものによっては数千万以上の損害が出る場合も少なくなく、この損害を補償するために対物補償という補償があります。

対物補償には無制限プランと数千万円の有限プランがありますが、対人と同じで事故によって発生する損失がどれくらい膨れ上がるのが分からないため、できれば無制限プランに加入することをおすすめします。

保険ショップによって保険料の詳細は変わってくるため、事前に比較して選ぶことをおすすめします。





車両保険の有無

自動車保険に加入する場合に、対人や対物補償と同様に加入したいのが車両保険ですが、車両保険は自賠責保険では適用されない補償内容なので、自動車を運転していて車が壊れてしまった場合に補償してもらうためには任意の自動車保険に加入して車両保険のプランを付けてもらう必要があります。

車両保険のプランは保険会社によって異なってくるので、すぐに保険を決めてしまうのではなく複数の保険プランを比較して自分の希望する条件に沿った保険選びをおすすめします。

交通事故を起こしてしまい、車が大破するような状況になってしまうと、中の人間も何らかの怪我をしていると考えることができますが、このような大きな事故を起こしてしまった場合に過失が自分に有る場合は車を修理する費用も保険として出ず、怪我の度合いによっては仕事を休むことになるので、給料が入らず大きな損失になってしまいます。

そのような状況にならないためにも車が壊れた場合に適用される車両保険への加入をおすすめしますが、車両保険と一言で言っても、対人がいる場合に事故を起こしてしまった際に適用される保険と対人がいない場合でも適用される保険などがあるので、予算に応じた車両保険選びをするようにしましょう。

ただし、自分が被害者になる場合は加害者の保険で車を直してもらうことができるので、自分が被害者になったことを想定して車両保険に加入する意味は無いので、あくまで自分が加害者になった場合の事を考えて保険の加入を考えましょう。





対人保障の重要性

任意の自動車保険に加入する場合に、一番に考えておきたいことが対人保障の重要性ですが、自賠責保険という強制加入義務のある自動車保険に入っていることで交通事故を起こしてしまって被害者が出てしまった場合に、3000万円までの金額なら補償してもらうことができます。

ですが、大きな事故になり死人が出るような事故になってしまうと賠償金額が1億円を超えてしまうことも珍しくなく、自賠責保険の対人保障では全く補償ができないという事態になってしまいます。

これを避けるためにも任意の自動車保険に加入して対人保障を充実させることは大事だと言えますが、任意保険と言っても様々な保障プランが用意されているため、保険を選ぶ場合は慎重に選ぶ必要があります。

任意保険の中には数千万円の対人保障タイプもありますが、自賠責保険でも3000万円は補償してもらえるので、有限の任意保険なら加入しない方が良いくらいです。

そのため、任意保険に加入する場合は対人無制限を軸に保障プランを考えていくことをおすすめしますが、自動車保険は保険の更新時期になると解約することができるので保険の切り替えをする場合は更新時にタイミングを合わせるようにしましょう。

自動車保険を選ぶ場合におすすめなのが自動車保険一括見積もりサイトですが、一括見積もりサイトを利用して自動車保険を選ぶ場合は比較しながら保険選びができることに加えてお得なキャンペーンが受けられるため、有効に利用しましょう。





二輪の保険

自動車保険に加入する場合に検討したいのが二輪車保険ですが、小型のバイクなら自動車保険のバイク特約を利用することで格安な金額で保険をかけることができるため、自動車保険の加入や切り替えを検討している場合に乗っている二輪車がある場合は、自動車保険の保険料に加えてバイク特約の保険料の合算となる保険料から考えるようにしましょう。

400ccを超える二輪になると、車と同じで車検を受ける必要が出てくるため、車検時に自賠責保険は更新されることになりますが、それ以下の二輪になると車検を受ける必要が無いため、送られてくる自賠責保険支払書に応じて自賠責保険の支払いをすることになります。

車検を受ける場合は車検を通してくれる車屋やバイク屋が出続きをしてくれるので自賠責保険が切れる心配はありませんでしたが、小型のバイクになると自賠責保険が切れた二輪に乗ってしまうという可能性も高くなります。

この状態で事故を引き起こしてしまうと自賠責保険の保障が受けられなくなるので、すべて自分で賠償する必要が出てきますが、任意の自動車保険に二輪特約を付帯させておくことですべてを自分で賠償しないといけなくなるリスクを回避することができます。

ただし、自賠責保険に加入していない二輪が事故をした場合のバイク特約の保障範囲は限定されており、すべての保障が受けられると言うわけではありませんが、もしものことを考えた場合には二輪特約を付帯させておいた方が安心です。





保険のおすすめ~病気や怪我に備える保険~

病気や怪我への備えは医療保険

怪我や病気に備える保険と言えば医療保険ですが、医療保険も自賠責保険のように強制加入義務のある国民健康保険が有るので、加入のメリットはあるのかと疑問に思う人も少なくないと思います。

しかし、国民健康保険は通常の怪我や病気によって入院した場合は本来の医療費を3割負担してもらうことはできますが、国民健康保険に加入しているからといって入院費や通院費が補償されるわけではないので、入院や通院に備えるためには医療保険への加入をおすすめします。

医療保険と一言で言っても様々な保障プランがあるため、一概には言えない部分がありますが、基本的に入院や通院が発生する怪我や病気をした場合に入院費や通院費を補償してもらうことを目的とした保険であり、保障してくれる金額は掛け金によって変わってきます。

病気や怪我をしてしまうと長い間、仕事を休むことになることも考えられますが、会社の休暇期間が長くなってしまうと給料も入ってこなくなるため、金銭的な負担がかなり大きくなってしまいますが、医療保険をかけておくことでこのような状況になってしまうことを回避することができます。

医療保険の場合も、自動車保険の場合と同じで様々な特約が付いているのが普通ですが、どのような理由で医療保険に加入することになったのかという理由をきちんと明確にすることが大事で、いろいろある特約の中には付帯させるメリットが無いものもあるので慎重に選んで行きましょう。





医療保険のメリット

怪我や病気は予想できないことが多く、どんなに健康な人でも急な病気や怪我に備えることは大事だと言えますが、急に怪我や病気をしてしまい入院が必要になり、入院費や手術費用が支払えないという状態になってしまうことがあります。

ただでさえ病気や怪我で落ち込んでいる時にさらに考える要素が出てしまうので気持ち的もよくありませんが、このような状態になってしまった場合でも医療保険に加入していれば手術費用や入院費用が保険として下りるため、お金の心配をすることなく治療を受けることができます。

医療保険というと高額なイメージがありましたが、最近では保険会社の保険サービスの多様化に伴って、昔に比べると保険サービスもいろいろな種類ができて、保険料も下がったので金銭的な負担も少なくなりました。

また、掛け金に応じて細かい補償内容を設定することができるようになったのも、医療保険の利用がしやすくなったことに繋がっていますが、より詳細な保障内容を決めることで金額と受けたいサービスの差が小さくなりました。

昔は入院や通院に応じてお金がもらえるタイプの医療保険が主流でしたが、最近の医療保険は入院時に入院給付金をもらうことができるプランや手術を受けた時に一時金がもらえるプランなど、入院生活においてお金がかかるタイミングで一時金というお金で負担してくれることで、総合的な金銭的な負担が減り安心して入院生活や通院生活を送ることができます。





癌のための医療保険

医療保険にはいろいろなプランがありますが、病名で保険が用意されているケースは少なく、どのような病気や怪我にも対応できるようなプランになっている場合がほとんどですが、その中で病気を限定している保険に癌保険があります。

癌と言うと日本人の死亡死因で一位の病気ですが、癌になると医療費が高額になる場合が多く、先進治療を受けたくても費用の関係から受けられないということも考えられますが、癌保険に加入しておくことで癌と診断された場合に一時金が支給されるため、先進医療費用として利用することができます。

一度癌になってしまうと、手術によって癌を取り除いたとしても、しばらくは入院と観察が必要になるので、それだけお金も余分にかかってしまうということになりますが、癌が手術で取り除いても再発するケースが多いことから入院がさらに長期化してしまう場合があります。

その場合でも癌保険に入っていることで長期の入院にも対応してもらえるため、金銭的な負担がかなり少なくなることに加えて、家族がいる場合も家族に最小限の負担をかけるだけで済むので安心です。

癌保険にも様々な種類があるので、癌保険への加入を考えている場合は、事前にどのような保障プランがあるのかということも十分に調べた上で保険を選びたいものですが、保険の種類は多いので、どれが自分に合っているのか分かりにくい部分もあります。

最近は無料で相談を受けられる保険ショップも多いので、無料相談を利用してプランを選ぶとよいでしょう。





女性のための医療保険

最近では、映画やレストランなど女性限定サービスをしているところが増えていますが、保険についても女性専用保険サービスが用意されているのが特徴で、女性専用保険サービスというのは、女性だけが加入できる女性のための保険ということで、当然ながら男性が加入することはできなくなっています。

女性のための医療保険は女性がかかりやすい病気を中心に補償する保険ですが、女性は男性にあまり見られない病気を発症することが多く、男性と女性の生殖機能の違いから女性だけがかかりやすい病気というのもありますが、この女性がかかりやすい病気に保障の対象を限定していることで保険料も安くなっており、通常の医療保険に加入するよりもお得になっています。

ちなみに女性がかかりやすい病気ということで、妊娠や出産前後に体質変化によって起こる病気や、ホルモンバランスが崩れることによって発症する病気に対しても、女性専用医療保険で保障してくれるのが特徴となっています。

女性限定の医療保険は通常の医療保険に特約として付帯されるケースが多くなっていますが、医療保険の保障内容が充実している場合は女性専用特約を付帯させるメリットは低く、特約を付帯させることでお金が発生するなら加入しなくても良い場合があります。

ただし、保険会社によっては女性専用特約の付帯料金がかなり安い場合もあるので、保険料を見て予算に余裕がある場合は加入しておいて損はないと言えます。





医療保険の選び方

医療保険にはいろいろな種類があるので、どのようなプランを付帯させて医療保険を選んで良いのか悩むポイントでもありますが、同じ保障内容であっても保険代理店によって保険料が変わる場合が多くなっています。

少しでも好条件の保険を少ない保険料で加入するためには少しでも多くの保険会社や保険代理店の保険サービスを比較することが保険選びのコツと言えますが、スムーズに保険選びをするためにも、事前に保険に求める補償内容を書きだしておいて保険会社や保険代理店と効率的に話しが進められるように準備をしておきましょう。

医療保険を選ぶ場合に利用したいのがインターネットですが、インターネットには医療保険比較サイトと呼ばれるサイトが多くあるので、これを利用することによってスムーズに自分が希望する保険プランを選ぶことができます。

医療保険比較サイトの利用方法に関してですが、医療保険比較サイトのホームページにアクセスをすると必要な情報を入力するフォームがあるので、あらかじめ決めていた希望する補償内容を入力することで、比較サイトが自動で比較を進めていきます。

比較の時間は1分もかからないうちに終わりますが、これでそのサイトに登録している保険会社や保険代理店の保険サービスが比較されて自動的に結果がでます。

ここで注意が必要なのが、比較サイトに登録している保険会社や保険代理店がサイトによって違うことですが、そのため複数の比較サイトの利用をおすすめします。





医療保険の注意点

医療保険は生活をする上で重要度・優先度共に高い保険ですが、医療保険にはいろいろな種類があるので、医療保険を選ぶ場合は新規加入の場合も保険切り替えの場合も慎重に選んで行くことが大事ですが、医療保険に付帯できる特約の数もかなり多いことから、どの特約を付帯させていいのか迷うポイントでもあります。

医療保険に加入する場合に、とりあえず補償はたくさんある方が良いと思って特約をどんどん付帯させて契約する人がいますが、特約の中には付帯させる意味があまり無いものも多く、例えば、事故をした場合に保険が下りる特約に加入しても、自動車保険に加入している場合は自動車保険の方で保険が下りる場合もあるので、この場合だと自動車保険と医療保険の特約が重複しているので、特約を付帯させる意味はないと言えます。

また、全く同じ保険プランであっても毎月の保険料に明らかな差異が見られる場合がありますが、これは保険会社によって独自に保険料金を設定しているためなので、契約する前に他の保険会社の保険料金も調べて比較しましょう。

最近では店舗型の保険代理店だけでなく、インターネットに拠点を置いている無店舗型の保険会社も増えており、無店舗型の保険会社の保険料が安いということで無店舗型の保険に加入する人も増えていますが、何かあった場合のことを考えると対面で話しができない無店舗型の保険会社よりも店舗を構えている保険会社の方が安心して相談することができます。





保険のおすすめ~子供のための学資保険~

学資保険の基本

昔の学資保険というと預金型の学資保険が多く、学資保険に加入するメリットはあまり無い場合が多かったのですが、最近の学資保険は種類が昔に比べて大幅に増えていることから自分が学資保険に求めている条件に沿った学資保険が選べるようになりました。

学資保険と一言で言っても、何に重点を置くかによって学資保険の種類も変わってくるのですが、最もポピュラーな学資保険が進学時にお金がいるので進学のタイミングでまとまったお金が下りるように設定している学資保険です。

まとまったお金が不要な場合は保険を使わず自分の子供が大人になったタイミングでまとめて渡すところが多くなっています。

学資保険は定期預金というイメージがありますが、学資保険は定期預金と違ってイベント時にまとまったお金が手に入るようになっているのが特徴で、医療保険なども付帯させてオリジナルの保険を作ることができるというのも学資保険の魅力の一つになっています。

また、親が何らかの事故や病気で亡くなった場合に、子供にまとまったお金が入るようにかける保険もありますが、これをかけておくことで急に自分が亡くなってしまっても子供に大人になるまで生活できる程度のお金が入るため安心です。

子供の医療保険というのも学資保険に分類される場合がありますが、子供は小さい時ほど病気や怪我をしやすいという特徴があるので、学資保険として医療保険プランを付帯させておくことで安心して病気や怪我の時も対応できます。





定期預金との違い

学資保険と定期預金が混同される場合がありますが、学資預金と定期預金は一つの目標に向かってお金を積み立てていくという面では、それぞれの目的が一致していますが、保険の内容や補償内容は大きく違う部分もあるので、これから子供の為に保険をかけようと考えている場合は学資保険のメリットやデメリットと定期預金のメリットやデメリットをそれぞれ比較しながら保険を選んでいくとよいでしょう。

学資保険と定期預金の明らかな違いとして言われているのが金利ですが、定期預金は金利が低いことでも知られており、昔のように貯金をすることで得ることができていた利息だけの収入で生活ができるようなことはありません。

最低金利水準まで下がっているので貯金をしたからといってお金が増えるわけでもありませんが、学資保険になると金利が1%を超えている場合も少なくなく、場合によっては定期預金より10倍程度の利息を受け取ることができる場合があります。

これが学資保険と定期預金の違いと言われているのですが、学資保険の金利は満期になるまで一定ということに対して、定期預金になると金利が変動するので、急速に景気が回復することになると定期預金の金利が高くなることも考えられるので、必ずしも学資保険の方が良いというわけではありません。

少ない金額の掛け金だとあまり違いはありませんが、学資保険の場合は様々なプランが組み込まれている場合が多いので、プランによっては学資保険のメリットが高くなる場合があります。





子供保険と学資保険

子供を対象とした保険は子供保険と学資保険に大別されますが、それぞれの保険は非常に似ているタイプなので違いが分からずに混同していている人も多くなっており、保険会社によってはどちらかの保険しか用意していないケースがあります。

学資保険というのは、名前から見ても分かるように学校のための保険ですが、子供がこれから進学することになった際に、手元にお金が無い場合に一時的として受け取る場合や学校生活を送る上でお金がたくさん必要になった場合にすぐに利用できるお金を貯蓄することを目的とする場合がありますが、これらの理由で大体学資保険に加入するケースが多くなっています。

子供が大きくなった時にまとめてお金を渡すケースなどもあり、学資保険に加入する理由は親によって変わってくるため、一概には学資保険が学校のための保険とは言えない部分があります。

子供保険は学校のために備えるという目的ではなく、子供が起こしやすい病気や怪我に備えると言うことで、学資保険よりは医療保険に近い保険になっていますが、子供保険の場合は加入するのと同時に学校の積立金も同時にプラン化するケースが多くなっています。

ただし、学資保険においても学資保険をメインにして医療保障を付帯させるプランもあるので、子供の医療か子供の学校か、どちらかに重点を置いて保険選びができるようになっているため、選ぶ側からすると希望に合わせた保険選びができやすいというメリットがあります。





学資保険の必要性

学資保険は医療保険や自動車保険と違って、何か起こってしまった場合に備える保険ではないので、学資保険に入っていないからと言って人生が大きく狂ってしまうということや命に関わるようなことはないので、保険としての必要性に疑問を呈する人も少なくありませんが、医療保険などと合わせてプランを組むことでお得に保険加入ができることを考えると学資保険の必要性はメリットも高いと言えます。

子供の成長は思った以上に早く、すぐに入学すぐに卒業と慌ただしくなることが考えられますが、子供を育てるためには思っている以上にお金がかかってしまうため進学のタイミングで十分な貯金ができていないことも考えられます。

学資保険をかけておくことで子供の大事な進学のタイミングでお金が無いということを回避することができることに加えて、学資保険は保険料もそこまで高くないので、子供が小さい内から必要経費として当たり前の様に学資保険の支払う癖をつけておくことで負担なく保険をかけることができます。

また、学資保険になるとお金がまとまって必要になる時期に一時金としてお金が支払われるようにプラン化されているため、お金が必要になる時期に差し掛かった場合でも一時金の受け取りを利用することで、解約することなく継続的に保険加入した状態が持続します。

学資保険には様々な種類があるので、あらかじめプランや予算を大まかに決めておくことで失敗しない学資保険選ぶができます。





学資保険のメリット・デメリット

子供が生まれると、子供中心の生活に変わる家庭がほとんどだと思いますが、自分の子供には十分な教育が受けられるようにしたいと思っている家庭は多いものの、不景気の昨今ということもあって子供の教育にお金を十分にかけることができないということで悩んでいる家庭は多くあります。

学資保険や医療保険と同じで年齢が高くなると保険料も高くなってしまうため、できるだけ子供が小さい内から学資保険に加入して将来に備える準備をしておきたいものですが、学資保険は種類によって保険の構造が複雑な場合があるので、学資保険選びに失敗してしまう家庭も少なくありません。

ちなみに学資保険は元本割れしてしまうケースがありますが、これは学資保険に親が死亡した場合の補償や病気になった場合の補償特約が付いているからで、これらの特約は返ってくるお金ではないことに加えて、他に入っている医療保険や生命保険がある場合は加入する意味もないので学資保険を選ぶ場合は十分に気を付ける必要があります。

日本はデフレ状態にあると言われていますが、今後景気が良くなってインフレが進んでくるとせっかく貯蓄したお金の価値が急激に下がることになるので、学資保険に加入することで損をしてしまうことも考えられます。

ただし、これから数十年の間は急速な景気変動が起きるとは考えにくく、一時的な景気変動があっても反発すると考えられるので、あまり景気変動リスクに関してはそこまで神経質に考える問題ではないかもしれません。





期間や予算から学資保険を選ぶ

学資保険に加入を考えている場合に、どのような保障プランで加入するかというのが学資保険加入において一つのポイントになると思いますが、学資保険は価格や付帯特約の有無によって毎月の掛け金に大きな違いが出ることに加えて、保険をかける期間によっても毎月の保険料は変わってくるので、まずは何のために学資保険に加入するのか理由を明確にすることが大事です。

学資保険は期間やプランで保険料が大きく変わるということで、選びにくい学資保険と思われる方も少なくないと思いますが、様々な付帯特約やプランが用意されているということは、それだけ自分用にカスタマイズさせた学資保険選びが可能になるということでもあるので、自分の条件に合った学資保険選びが可能になります。

学資保険は大きく分けて、特約を付帯させる場合と付帯させない場合がありますが、特約を付帯させてしまうと元本割れになってしまうので、貯金という意味で学資保険に加入するなら特約を付けないことをおすすめします。

ただし、学資保険に付帯されている医療保険などの保険料は格安な場合が多いので、医療保険などと合わせて学資保険に加入することを目的にする場合は特約が付帯されている学資保険をおすすめします。

また、学資保険と似た子供保険もありますが、条件によっては子供保険のメリットが高い場合もあるため、それぞれの保険プランを比較して最終的に加入する保険を選んでいくことをおすすめします。





保険のおすすめ~災害や火災に備える保険~

火災保険の基本

火災保険は火災が起こった場合に、火災によって被った損害を補償してくれる保険ですが、火災保険と一言で言っても、保障される範囲は火災だけではなく特約によっては風水害や地震などが含まれるケースもあるため、火災保険に加入を検討している場合は特約や保険料などから自分の予算にあった火災保険を選ぶことが大事です。

火災保険は生命保険や自動車保険と違って、長期で保険をかけることが可能になっていますが、火災保険の対象となる家は住宅ローンで購入しているところがほとんどだと思います。

住宅ローンを支払っている間は家を離れることはないと仮定して、長期の火災ローンを組み事が可能になっているのですが、住宅ローンが完済されるまではお金を貸している銀行の持ち物でもあることから、金融機関側が長期の火災保険への加入を促してくる場合があります。

毎月支払うタイプの火災保険もありますが、支払期間が長期になればなるほど保険料がお得になるのが火災保険なので、火災保険に加入する場合はお金に余裕がある場合に契約を交わしておくと後からの支払いがかなりラクになります。

また、火災保険に加入する場合は家の価値と対等のお金を補償してもらうと契約の時に交わすところが多いと思いますが、火災が起きた時に支払われるお金は住宅を購入した時の購入金額ではなくて、火災が発生した場合の焼失した住宅の客観的な価値によって決まるので、契約を交わす場合はこの点についても気を付けましょう。





家財を守る家財保険

家財保険というのは火災保険に付帯できる特約保険の一つですが、火災が発生した場合や災害が発生して自宅の家財が損壊した際に適用される保険の一つで、火災保険の特約としてだけではなく家財保険単体で保険に加入することもできるのが特徴となっていますが、いろいろある保険の中で見てみると家財保険は安い部類になっており、保障の対象範囲によって柔軟に保険料を変えることができるというメリットがあります。

また、家財保険のメリットとしては災害や火災によって家財を損失しただけではなく、盗難による被害を受けた場合でも保障を受けられることがメリットとして挙げられますが、持ち家に限らず賃貸のアパートやマンションに暮らしている場合も家財保険に加入することができます。

このように家財保険は自分の家の大事な家財を守ってくれる保険なので、加入するメリットは非常に高いと言えますが、火災保険や地震保険に加入しても別途保険料がかかってくるので、それぞれの災害保険に加入していると総額がかなり高くなってしまう可能性があります。

また、家財保険に加入する場合は加入時に保障対象になる家財を記入しないといけませんが、この時に記入を忘れてしまっていると、後から補償が受けられない場合があるので、忘れないように注意する必要があります。

家財保険に加入して、後から家財が増えた場合はその都度、記入しないといけないので、家財の増加率が高いコレクターにとっては少し面倒です。





地震に備える地震保険

地震大国と言われている日本ですが、日本は定期的に大地震による大震災が発生しており、大震災が発生する度に地震保険への加入が増えますが、地震発生からしばらくすると加入率が下がるということを繰り返してきました。

日本という国に住んでいる以上は大地震におけるリスクがどこでもあるので、大地震に備えて地震保険に加入することは必要なことだと言えますが、地震保険という保険は単独で加入できないケースがほとんど、基本的に火災保険に加入して加入保険の付帯プランという形になります。

ただし、火災保険と地震保険に同時に加入する必要はなく、火災保険に加入している状態であれば、いつでも申し込みをすることによって地震保険を付帯させることができるので、焦って契約することはありません。

ただ、加入する火災保険によって付帯となる地震保険の保険料や補償内容は変わる場合があるので、火災保険に加入する時点で地震保険の加入も見通して保険に選ぶと良いでしょう。

また、地震による家財の損失に対する保険は火災によって損失した家財に対しての保険と別々の場合と同じケースがありますが、まとめて加入しておく方が後からの管理が便利なので、家財保険は火災と地震共に共通としておきましょう。

日本はどこでも地震が起こると言われていますが、その程度や被害には地域差があると言われているので、自分の住んでいる地域の地震リスクをあらかじめ調べた上で地震保険を選んで行くこと大事です。





自然災害に備える災害保険

災害に関する保険と言えば、地震に対する保険のイメージが強くなっていますが、最近は異常気象によって大雨が降り、土砂崩れや浸水被害が増えているのが特徴で、地域によっては地震による被災リスクよりも大雨による被災リスクが高まっています。

大地震が続いたので、どちらかというと地震の保険が重視されている傾向にありますが、地震や異常気象による災害を一つの災害として捉えるようにして、それぞれに対応できる保険選びをすることが大事だと言えます。

異常気象による災害に対しては火災保険で補償することが可能になっていますが、これも地震保険と同じで特約プランとなるので、異常気象による災害に備える保険に加入する場合は住んでいる異常気象リスクを考えながら補償内容や保険料を選ぶことが大事です。

また、異常気象による被災リスクは大雨だけではなく、突風や竜巻も最近では猛威を振るっているので、土砂崩れや浸水だけではなく風による被災についても考えて災害保険を考えていくことが大事だと言えます。

災害保険は火災保険が軸になって、自然災害保険や地震保険を特約として付帯させるのが一般的となっているので、火災保険に加入するタイミングで自然災害保険の加入も検討するのが理想ですが、自然災害だけの保険も用意している保険会社があるので、かけている火災保険に特約として付帯させる場合に、満足のいく保障内容や保険料でない場合は自然災害だけの特約も視野に入れて探すとよいでしょう。





保険の探し方

損害保険と一言で言っても、火災保険や地震保険、災害保険など様々な種類の保険があるため、これから保険に加入を検討している場合に何に重点をおいて損害保険を選んで良いのか基準が難しくなります。

近年は異常気象や大地震による災害が相次いで起こっているということで、災害に関する保険に注目が集まるようになりましたが、災害に関する保険は現象ごとに異なるのではなく、災害という一つの大きな括りとなっていることから災害別に保険を選ぶというものではありません。

損害保険は基本的に火災保険が一つの軸になっており、この火災保険から自陣保険や災害保険などに派生していくので、損害保険を選ぶ場合に最初に考えたいのは火災保険となります。

火災保険の保険サービスを提供している保険会社はたくさんあるので、インターネットの火災保険比較サイトを利用して、自分の希望条件に近い火災保険を何個か選んでおくとよいでしょう。

この場合に、自然災害保険や地震保険が特約として付帯されているかということにも注目して選び、できるだけ付帯されている火災保険を選んでおくと、後から自然災害や地震保険を付帯させたくなった場合でもスムーズです。

火災保険は保険会社によってそこまで保険料の差はありませんが、保険会社によって基準とする火事の規模や補償内容は若干違っているので、平均化した場合にどの保険会社の火災保険が安いか比較しにくいというデメリットがあるので注意が必要です。





保険選びの注意点

火災保険に加入している人の中には住宅を購入するタイミングで火災保険に加入したという人が少なくないと思いますが、この場合は自分で保険会社を選ぶのではなく、担当している不動産屋の担当者が紹介した保険会社の火災保険を選ぶ場合が多くなっていますが、もともと取引のある保険会社を紹介している場合がほとんどなので、不動産者が紹介する保険会社の火災保険で契約する前に自分で複数の保険会社の保険サービスを比較して選ぶことが大事だと言えます。

火災保険を選ぶ場合に、保険料の安さに軸を置いて保険選びをするのは厳禁で、火災保険を選ぶ場合は付帯されている地震保険や災害保険などの保険料や保障内容なども総合的に見て保険を選ぶことが大事です。

また、火災保険は他の保険に比べると安価な保険にはなっていますが、長期的に支払いが必要になるので、火災保険に加入する前には火災保険にどれくらいの予算を投じることができるかということもプランニングしておくことが大事です。

火災保険を毎月支払うという人も少なくないと思いますが、火災保険だけならそこまで保険代金は高くないものの、地震保険や災害保険を付帯させてしまうと毎月の保険料はかなり高額になります。

この場合は毎月支払うよりも1年単位で保険料を支払う方がかなりお得ですが、まとめて払うようにすると保険料の節約に繋がるので、火災保険の加入を検討する場合は保険料の支払期間にも注意して選ぶようにしましょう。