転職のおすすめ~転職エージェントのおすすめ・口コミ・評判~





転職 おすすめ

転職のおすすめ~転職エージェントのおすすめ・口コミ・評判~

転職を検討した時、転職エージェントに依頼をし、転職を探してもらうという方法があります。

転職エージェントを利用すると、自分自身で就職先を探さなくても、自分のために、転職エージェントが動き、転職先を探してきてくれますので、仕事をしながら転職先を探したい人にはとても便利です。

転職エージェントはたくさんの企業がサイトを運営しており、転職エージェントによって、得意な分野が異なりますから、様々な転職エージェントをチェックし、自分に合った転職エージェントを探しましょう。

転職エージェントに登録をすると、自分専門のエージェントが決定し、その専門のエージェントが自分の希望通りの転職先を探してくれるのですが、できるだけ、自分の希望は細かく伝えるようにしましょう。

細かい希望を聞き入れてもらうことでき、その希望に沿って転職先を探してもらうことができますから、転職による失敗が少なくなります。

利用は全て無料ですし、転職エージェントの中には、転職が成功することでお祝い金がでるような転職エージェントもありますから、転職を希望している人は是非利用してみましょう。

転職エージェントに依頼したからといって、すぐに転職が決まるわけではありません。

中には、転職先が決まらなかったという人もいます。

転職エージェントに依頼をしたから、自分自身では全く何もしなくても転職ができると考えてしまう人も多いのですが、こちらが真剣に職探しをしていることが伝わらなければ、エージェントも真剣には探してくれません。

業種によっては職探しが難しい場合もありますし、転職は巡りあわせとも言われていますから、その巡りあわせが成功するかどうかもわかりません。

ですが、転職エージェントを利用すると、企業のことをある程度調べてくれた上で紹介をしてくれますから、ブラック企業に転職してしまうようなことも少ないですし、比較的安心して転職できると言えるのではないでしょうか。





転職のおすすめ~転職エージェントを知る~

転職エージェントとは

転職エージェントとは職業紹介所のことで、厚生労働大臣から許可を得て、運営しているサイトのことを呼びます。

現在では転職エージェントと呼ばれることが一般的となりましたが、人材紹介会社や、人人材バンク等と呼ばれている時期もありました。

転職エージェントに登録をすることで、自分の専任のエージェントが決定します。

そのエージェントと面接をすることで、自分がどんな業種につきたいのか、給料や勤務体制など、自分の希望を伝えます。

その希望を元に、エージェントが転職先を探してきてくれます。

エージェントによって、面接や、履歴書の書き方などを指導してもらうことができますから転職を考えている人にとっては、とても役立つことでしょう。

転職を検討していても、中々仕事が見つからないという人や、現在の仕事が忙しくて転職先を探している時間がない人などは転職エージェントに依頼すると良いでしょう。

転職エージェントと面接をすることを面倒だと思う人もいるのですが、自分の希望を伝えなければ、エージェントが自分の変わりに職探しをすることができません。

中には、紹介先の企業に偏りが生じて居るような転職エージェントも存在しますが、できるだけ信頼度が高く、大手の企業が展開しているような転職エージェントであり、自分が希望する業種に強いとされる転職エージェントを選ぶことが、転職エージェントを選ぶコツとなります。

様々な転職エージェントを比較することで、その転職エージェントの方向性がわかってくることでしょう。





転職エージェントの種類

転職エージェントには、総合型の転職エージェントと、特化型の転職エージェントがあります。

総合型の転職エージェントの場合、転職先に偏りがなく、様々な業種を豊富に取り扱いしている一方で、特化型の転職エージェントの場合には、決まった業種に力を入れている傾向です。

転職エージェントは、ネットから利用することができるサイトとなっています。

たくさんの転職エージェントがある中で、人気がある転職エージェントはランキングサイトに上位に掲載されています。

上位にランキングしている転職エージェントの場合、総合型である場合が一般的となっており、大手の企業が運営しているような転職エージェントが多くなっています。

大手であり、人気が高いということは、それだけ求人数も多く、転職成功率も高くなりますから、ランキングサイトなどを利用して、できるだけ求人数が多く、転職率が良い転職エージェントを利用すると良いでしょう。

専門的な業種で転職先を探している場合には特化型転職エージェントの方が、求人が多く存在しますが、外資系、IT系、看護師など、特化型転職エージェントには偏りがありますので、総合型転職エージェントを利用する人が多いのです。

転職エージェントの種類を知ることで、自分の転職を少しでも有利に進めることができるようにしましょう。

複数の転職エージェントを利用するという方法もありますが、複数社のエージェントに登録していることがわかると力を入れてくれないエージェントもいますので気を付けましょう。





転職エージェントの利用方法

転職エージェントを利用するためにはサイトへの登録をしなければいけません。

転職エージェントのサイトへ登録をすることで、自分の専任のエージェントから面接日時についての打ち合わせがあります。

面接日時が決まると、専門のエージェントと面接をすることになります。

面接により、自分がどんな業種にどのような勤務体制で、どのくらいの給料をもらいたいのかを伝えます、寮が完備している方が良い、託児施設があると良い、福利厚生が手厚い会社で働きたい、とりあえず派遣で働きたいなど、人によって、様々な希望があることと思いますから、その希望を全て伝えましょう。

全ての希望が思い通りにならなくても、様々な企業を当たってくれますから、自分の希望に近い転職先を見つけてもらうことができます。

転職先を見つけてもらうと、次は、企業との面接となります。

転職エージェントが見つけてきてくれた転職先であっても、面接もありますし、書類選考で落ちる場合もあります。

中には試験があるような企業もありますから、転職が成功するか否かは自分自身の力となります。

どんなに履歴書が上手く書かれていても、実際に面接をしてみると、思っていた人材ではなければ落とされてしまいます。

転職エージェントの紹介であっても、必要と感じない人材は採用となりませんから、面接の時に自分の転職理由や、志望動機など、明確、的確に話ができなければいけません。

事前に転職エージェントに指導をお願いすることもできますから、万全の準備をすることが大切です。





転職エージェントのコンサルティングを知る

転職エージェントとの面接や話し合いをコンサルティングと呼びます。

サイトへ登録をすると、必ず1度は必ずコンサルティングを行いますが、その後も複数回コンサルティングを行う場合もあります。

転職先が中々見つからない時や、複数回面接に落ちてしまった時、自分の勤務先への希望が変わった時など、再度コンサルティングを行うことになります。

一番初めに行うコンサルティングでは、自分がどんな業種につきたいかを伝えるためのコンサルティングとなりますが、その後のコンサルティングはエージェントからアドバイスをもらうためのコンサルティングとなることが一般的です。

1度対面してコンサルティングを行った後は、電話での対応となる転職エージェントもあります。

何か不安に思うことなどがあれば、エージェントに連絡をし、支持を仰ぐと良いでしょう。

たとえ自分専任のエージェントであっても、エージェントは他にもたくさんの転職希望者の専任となっていますから、どんな求人でも全て自分のところに回ってくるわけではありません。

ですが、転職希望者が転職に前向きで一生懸命であれば、それだけ、力を入れてくれることと思いますし、頻繁に連絡をしてくれる転職希望者の方が、懸命さは伝わりますから、やり取りは頻回に行うようにしましょう。

電話連絡だけではなく、メールなども活用しましょう。

メールでのやり取りの場合には、できるだけ返信は早く行うことが、大切となります。





転職エージェントを利用するメリットについて

転職エージェントを利用する一番のメリットは、自分自身で転職先を探さなくて良いということです。

忙しい人にとって、転職先を探すことは大変な作業となりますから、自分の変わりに自分の希望に沿った求人を探してくれるというのはとても助かると思います。

その他のメリットとしては、登録をすることで、非公開求人を見ることができるということです。

非公開求人をチェックするために、複数の転職エージェントに登録をしている人もいます。

エージェントが間に入ることで、一般の応募よりも、採用確率は高くなると言われています。

企業がエージェントに依頼をし、このような人材が欲しいと指示しており、その指示に合った人材を紹介するわけですから、紹介が間に入ることで転職確率はアップするのです。

たとえ、転職希望者の希望に沿っていない求人であったとしても、企業側に交渉をしてくれる場合もありますし、履歴書やエントリーをするタイミングなども細かく指示してもらうことができますから、転職初心者にも安心です。

エージェントは転職のプロですから、どのような人材を企業が欲しがっているのかを見極める目も持っています。

そのため、紹介される求人数が人によって、違ってしまうこともありますが、1人1人に合わせた職探しをしてくれることでしょう。

転職エージェントを利用することで、転職についての指導を受けることもできます。

面接の方法や履歴書の書き方など、転職が成功しやすいように導いてくれることもメリットであると言えるでしょう。





転職エージェントを利用するデメリットについて

転職エージェントを利用する場合、デメリットも存在します。

デメリットとしてあげられるのが、自分の転職がエージェントの力により変わってくるということです。

初心者のエージェントより、熟練のエージェントの方が転職率は確実に上がりますし、様々なノウハウもわかっていますから、自分に足りない物など、的確にアドバイスをしてもらうことができます。

ですが、自分自身でエージェントを選ぶことはできません。

エージェントがあまり仕事ができないような人材であった場合、転職先は中々見つからないことでしょう。

企業側から早く人材が欲しいと言われていると、転職希望者の希望よりも企業を優先してしまうエージェントもいますので注意しましょう。

その他のデメリットとしては、自分と同じような人材が同時期に面接に来た場合、合格しづらくなってしまうということです。

紹介を挟んでいるため、合格しやすいと思われがちですが、転職エージェントを通して転職が決まると、企業はエージェントに報酬を支払わなければいけません。

そのため、同じような人材が一般で面接に来た場合、お金がかからない人材を採用してしまうのです。

最近ではサイトへ登録することに対し、個人情報の漏えいが心配という声もあがっています。細かくコンサルティングを行うため、個人情報も詳しく登録されることになります。

サイト側は個人情報の取り扱いには注意しているかと思いますが、万が一ということもありますから、登録を嫌がる人がいるのも事実です。





転職エージェントの成功例について

転職エージェントを利用することで、たくさんの人が、転職に成功しています。

今まで個人企業で少ない給料で働いていた人が上場の企業で勤めることができるようになったという人もいますし、まったく違う業種で新たなスタートを切ることができたという人もいます。

今まで興味があった業種であっても、経験がないとなかなか踏み切れないという人もたくさんいますが、転職エージェントを通すことで、新たな分野で働くことができるようになったという人も大勢います。

その他にも、40代、50代となってから、転職エージェントにより、転職が成功したという人もいます。

年齢がかさむと転職には不利だと思われがちですが、役職付で勤務してくれる人材を探している企業もありますから、経験がたくさんあることで、逆に良い条件で転職ができる可能性もあるのです。

特に50代の場合、肩たたきにあい、早期退職を余儀なくされた人達もいます。そのような人たちは仕事ができないわけではなく、高収入であったという人が多いですから、仕事の経験は豊富ですし、やりがいを持てる仕事であれば、活躍してくれることでしょう。

転職は現在の職場よりもより良い環境を求める事もできますし、新しい分野を目指すきっかけにもなります。

年齢が若ければそれだけ柔軟性がありますから、企業側も簡単に採用してくれやすいですが、歳を重ねていたとしても採用となる企業はたくさんありますから、転職エージェントに依頼してみましょう。





転職エージェントのスカウトメールとは

転職エージェントに登録をすると、スカウトメールというメールが届くようになります。

スカウトメールという題名でメールが送られてくるため、自分の希望に合った求人が届いたのではと思う人が多いのですが、実際には、スカウトメールという名前のメールマガジンであることが一般的です。

スカウトメールの中には、求人も数件のっていますが、自分にあった物ではない場合が多く、お勧めの求人が記載されており、複数の人に同じような内容のメールが送られているのです。

転職エージェントの中には、スカウトメールが本当にスカウトであり、特定の人のみに送られている場合もありますが、スカウトメールと称した題名であると、確認のため、メールを開く人が多いことから、最近ではダイレクトメールや、メールマガジンとして、スカウトメールが送られてきている場合が多いのです。

スカウトメールに確実に目を通す人もいれば、題名を見てそのまま破棄してしまう人もいます。

確実に転職したいからといっても、スカウトメールをチェックするのに無駄な時間を費やすよりも、サイトそのものをチェックし、求人を探した方が、良いと考えます。

転職が初めての人にとっては、スカウトメールに役立つ情報が載っている場合もありますが、複数社の転職エージェントを利用している場合には、同じような内容となる場合が多くなりますからさっと目を通す程度で良いでしょう。

スカウトメールは毎日送られてくるような転職エージェントもあれば、週に1、2回のところなど、様々です。





転職のおすすめ~転職エージェントを探す~

良いエージェントを見抜く方法

転職エージェントを利用する時に一番大切なのはエージェントです。

エージェントが仕事ができる人間であると、それだけ自分の転職は上手く進みますから、エージェントがどんな人材であるかは非常に重要です。

エージェントの見分け方としては、話しの内容が的確であるということや、問い合わせにすぐに応じてくれ、進展があった場合には小さなことでも報告してくれるようなエージェントです。

中には求人の取り扱いが雑であるエージェントや、自分の意向ばかりで、こちらの要望を全く聞き入れてくれないエージェントも存在します。

中にはブラック企業を平気で紹介してくるようなエージェントまで存在します。

大手の転職エージェントであっても、エージェントについては当たり外れがありますから、エージェントが自分の転職に有利に進まないと感じた場合には、エージェントの変更を依頼するか、他社の転職エージェントに乗りかえるようにしましょう。

このエージェントに転職を依頼しても大丈夫だろうかと不安を感じながら進めた結果、全く自分の希望とは違う転職先を紹介されたという人もいますし、企業に伝えてもらえるはずの希望の勤務体制が違うように伝わっていたという人もいます。

良いエージェントは、出会った瞬間から、仕事ができるということはすぐにわかります。

人の第一印象はそれだけ大切なのですが、きびきびとしており、人あたりが良いエージェントであれば安心して転職を任せられるでしょう。





特化型転職エージェントを知る

転職エージェントの中には特化型エージェントと呼ばれるサイトもあります。

特化型エージェントの中には、女性に有利に進む転職エージェントや、IT関係の仕事に強いとされる転職エージェント、その他にはインターネットやゲーム関連の企業に強い転職エージェントやアパレル系中心の転職エージェント、外資系のみの転職エージェント、製造系エンジニアに強い転職エージェントなど、様々な特化型転職エージェントがあります。

業種にこだわりがなく、様々な候補の中から転職先を選びたいと考える人には総合型転職エージェントが向いています。

業種を絞りたい、現在の業種を極めたいと考えている人にとっては、特化型転職エージェントは非常に役立つサイトとなります。

総合型転職エージェントに比べ、求人数は少ないですが、それだけ閲覧する人もすくなくなりますから採用確率は変わらないと言えるでしょう。

特化型転職エージェントの場合、専門的な知識を理解している人の求人となることが一般的ですから、すぐに即戦力となる人材を探している転職エージェントが多くなります。

特化型転職エージェントの中でも看護師の転職エージェントは非常にサイト数が多く、転職が成功した時にもらうことができるお祝い金が多く設定されている場合もあります。

専門職となりますから、経験がない人が利用できないことがデメリットとなりますが、専門的な知識を持っている人にとってはとても役立つサイトであると言えるでしょう。





注意すべき転職エージェント

転職エージェントによっては、紹介する企業に偏りが生じている場合があります。

転職が成功することでエージェントに入る報酬が、他の企業よりも高い場合や、転職エージェントと提携しているような企業の求人を無理に勧めてくる場合があります。

自分の希望ではない求人を無理に勧めてくるわけですから、すぐに断ればよいと思う人もいるかもしれませんが、上手い言葉を使って、企業があなたのことを欲しがっている、特別に、勤務体制を変えておいた、一般の人よりも高い給料となるなど、言葉巧みに企業へ紹介をしようとします。

そのような悪徳な転職エージェントに登録をしてしまうと、紹介される企業がブラックとなってしまう場合もありますし、企業に勤めてみると、エージェントから聞いていた職場ではないことがわかることでしょう。

どんなに上手い話しだとしても、実際に働くのは自分自身なのですから、転職先の企業の下調べは入念に行いましょう。

従業員の数が少ないのにも関わらず、大量の求人が出ている場合や、一度応募終了となったのにも関わらず、すぐに求人が出てくるような企業は注意が必要です。

自分自身が転職し、継続して働くことができない場合には、勤めるべきではありませんから、その企業を見極めることが非常に重要となります。

転職エージェントを選ぶには、できるだけ大手や名前が知れた会社が大元となっているような転職エージェントを選ぶことや、下調べを行うことが非常に大切になります。





転職エージェント選びを失敗しないために

転職エージェント選びで失敗しないためには、事前に転職エージェントを調べることが必要となります。

口コミなどを利用することも大切ですし、転職エージェントの成功例をチェックし、その企業を調べてみるのも良いでしょう。

成功例が頻繁に更新されている方が信頼度は高くなります。

その他のチェック項目としては、転職エージェントに電話をかけてみるという方法です。

電話応対は、基本となりますから、その基本がしっかりできていない転職エージェントには登録すべきではありません。

転職をせかすような転職エージェントも注意が必要です。

転職が成功すると、転職者の年収の2割から3割が報酬として、転職エージェントに入るとされていますから、少しでも早く報酬を得たいために転職希望者の希望を聞き入れずに、転職をすすめてしまうというエージェントも存在します。

中には、転職エージェントとの面接としておきながら、その場に出向くと企業の人との面接だったという人までいます。

面接の場も非常に重要です。面接をするということは、自分の個人情報を伝えるわけですから会社へ出向き、個室で行われることが一般的ですが、喫茶店など人がたくさんいる場所を指定してくるエージェントもいます。

そのような転職エージェントには、転職を依頼しても、良い結果が出ないことが多いので、面接の段階でお断りをしましょう。

転職は少ない方が良いとされていますから、次の転職が最後の転職となるように、転職エージェント選びも重要です。





転職エージェントを上手に使う

転職をする場合、転職エージェントに依頼することで、転職が成功したと思ってしまう人もいます。

転職エージェントは、希望の転職先を探してくれますが、その転職先が働きたい企業であるかどうかはわかりません。

数回求人を紹介されても、自分のイメージと違う場合には、転職エージェントから、転職する気持ちが弱いと判断されてしまい、求人の紹介も少なくなってしまいます。

本気で転職したいと考えている場合には、転職エージェントに依頼するだけではなく、自分自身で動くことも大切です。

求人のチェックや、ハローワークに出向くこと、資格を取得してみるなど、転職エージェントに頼るだけではなく、自分でも動くことが大切です。

転職エージェントの利用方法としては、求人を探してもらうほかに、履歴書の書き方や、面接の受け答えなどのアドバイスをもらうことができますから、自分で求人を探し、面接までこぎつけた時にも役立つことでしょう。

転職エージェントに複数登録する人もいます。

複数の転職エージェントに登録することで、自分のために動いてくれる転職エージェントが数人いることになりますから、求人は集まりやすいかもしれませんが、複数社に登録していることがエージェントにわかってしまうと、エージェントのやる気が低くなりますし、求人が他の人に回ってしまうことが考えられますので、複数の転職エージェントを利用する場合には、わからないように注意しなければいけません。





女性専用の転職エージェントを利用する

転職エージェントの中には女性専用の転職エージェントも存在します。

女性専用の場合、自分の担当となるエージェントが必ず女性になります。

中には男性職員が働いている場合もありますが、担当となるエージェントは必ず女性と決まっています。

女性専用の転職エージェントの場合、女性が利用しやすくなっています。

今まで男性の上司に嫌な思いをしてきた人や、男性と関わるのが苦手である人にはとても利用しやすい事でしょう。

一般的な転職エージェントの場合には、男性が自分の担当エージェントとなってしまう場合もありますし、一度自分の担当となったエージェントを交換して欲しいと伝えることに気が引ける場合には、女性専用の転職エージェントが良いでしょう。

求人内容も、アパレル関係や、女性が多い職場、受付嬢など、女性が活躍できるような職場が多く掲載されています。

たくさんの求人の中から、女性向けと絞るだけでも、求人選びが楽になることでしょう。

女性の場合には、出産や結婚を挟む人が多いため、一度リタイアした人向けの求人も多数掲載されています。

女性専用の転職エージェントはたくさんあります。

大手の会社が運営している物もありますから、安心して利用できます。ランキングサイトなどをチェックすると、女性専用転職エージェントだけのランキングサイトも存在するくらい、運営されている数が多いですから、利用しやすく、信頼できそうな、女性専用転職エージェントを利用してみましょう。





転職エージェントの担当者と合わない場合

転職エージェントの担当者が自分と合わないという話はよく聞きます。

人間対人間ですから、合わないこともありますし、発言に対し、嫌な思いをすることもあります。

転職エージェントと合わなければ、自分の希望を上手く伝えることができません。

中には威圧的なエージェントもいますから、自分の意見を言うことができないという人もいます。

転職は、エージェントによって、成功するか否かが変わりますから、担当者が合わない、使えなさそうだと気が付いた時には、できるだけ早くエージェントを変えてもらいましょう。

エージェントを変えることに対し、気が引ける人や、罪悪感を感じてしまう人もいますが、担当者を変えてほしいと言われたエージェントは、自分に足りなかった物を感じ取ろうとしますし、チェンジにならないように今後努力するはずです。

会わないエージェントと連絡を取ったり、仕事ができないエージェントと無駄に求人探しをするよりも、違うエージェントに依頼をする方が、確実に転職の成功率は上がることでしょう。

使えないと言われる転職エージェントの場合、少しでも早く実績をだしたいと考えますから、色んな企業を次々と紹介してきますし、仕事中に電話をしてきます。

転職エージェントから、仕事中に電話連絡があっては困る人は多数いるはずですが、そのことに気が付いていないのです。

エージェントを変更する場合には、できるだけ的確な理由を伝える方がエージェントの今後のためにも良いでしょう。





転職のおすすめ~転職エージェントの仕組みを知る~

転職エージェントの運営会社について

転職エージェントの運営をしている会社が有名であり、大手である転職エージェントはたくさん存在します。

知名度が高く、CMなどでも馴染みがある会社の方が、比較的登録者も多く、安心して使用できる転職エージェントであると言えるでしょう。

企業側としても、できるだけ信頼ができ、良い人材を紹介してくれるような転職エージェントに求人を出しますから、登録者が多い転職エージェントの方が、求人数も多いと言えるでしょう。

デメリットとしては、登録者が多いため、1人1人にかける時間が少なく、求人の紹介数が少ないということです。

ですが、非公開求人の数は非常に多くなっていますので、自分自身で探す場合には、大手である転職エージェントを利用すると良いでしょう。

自分自身に親身になってくれるような転職エージェントを利用したい場合には、中小規模の転職エージェントを利用するのも良いでしょう。

複数の転職エージェントに登録し、使い分けると、求人探しには役立ちます。使い分けが上手くできることで転職の成功率はグッとあがります。

求人は運営会社によって、質が違います。

大手の転職エージェントの方が、大手の企業からの求人が多いとされています。

その分、高学歴である転職希望者も多くいます。

どの転職エージェントを利用すると転職率が高くなるとは一概には言えないのですが、転職は巡りあわせとなりますから、様々な転職エージェントからサイト毎に違う求人をチェックするようにしましょう。





転職エージェントのサポート内容を知る

転職エージェントは、運営する企業ごとにサポート体制も違います。

できるだけ手厚いサポートとなる転職エージェントを利用するようにしましょう。

面接の仕方や履歴書の書き方など、指導やアドバイスをしてくれるような転職エージェントもありますし、セミナーなどを開いている転職エージェントもあります。

中には、企業の人事部の人と話し合いを持つことができるような転職エージェントもあります。そのような会に参加すると、人事としてどのような人材を欲しいと感じるのかなどのアドバイスをもらうことができます。

最近増えているサポート内容としては、転職支援ツールがついている転職エージェントです、転職支援ツールとは、パソコンを利用して、履歴書の書き方や、職務経歴書の訂正などを行ってくれるようなツールや、希望の求人が掲載されたらすぐにメールで知らせてくれるような物など、転職に役立つツールのことを呼びます。

全てのサポートがついているような転職エージェントは少ないので、様々な転職エージェントのサポート内容をチェックし、自分にとって役立つものを選ぶと良いでしょう。

もちろん登録をしなければ利用することができませんから、登録する転職エージェントを選ぶ際にサポート内容を参考にしてみるのも良いでしょう。

サポートを上手く使いこなすことができると、転職も上手く進みやすくなります。

知識があれば、それだけ役に立ちますし、ツールを上手く使いこなし、転職を成功させましょう。





転職エージェントが稼ぐ方法

転職エージェントは無料で利用できます。

どんなにサポートが手厚くても、お金を取られることはありません。

なぜ無料で転職エージェントが運営できるのかというと、企業側からお金をもらっているからです。

大抵の転職エージェントは求人をもらい、転職者を紹介し、採用となると、その転職者の年収の2割から3割が報酬として入ります。

600万円の転職成功者がいれば、100万円以上の報酬がありますから、その報酬を元にして、運営を進めているのです。

たくさん転職成功者を出すことができれば、それだけ転職エージェントの運営が上手くいきますし、エージェントの実績に繋がりますから、エージェントは上手くいくようにたくさんの求人をチェックし、希望に合った求人を紹介するのです。

中には、サイトに求人をのせることで、お金をもらっている転職エージェントもありますが、転職が成功することよりも安い金額となるために、コンサルをした上で転職を成功させる方が多くの利益となるのです。

転職者全員が商品として、登録されますから、1人1人に親身になり、求人を探すのです。

転職が成功することで、報酬があることがわかると、なぜこんなに親身になって動いてくれるのかが分かると思います。

仕事ですから、実績が全てとなるのです。

そのため、本気度が高い転職者には力を入れますし、とりあえず登録してみましたというような人には、あまり求人を紹介しません。

1社のみのエージェントとの契約の場合、力の入れ具合も違うと言われています。





転職エージェントの成功率を知る

転職エージェントを利用すると、自分だけで求人を探すよりも転職する確率は高くなると言われています。

求人を紹介してもらうことができるわけですからそれだけ求人に目を通す機会が増えるからです。

転職エージェントにもよりますが、求人数が多く、登録者が多い方が、転職が成功する確率は高いとされています。

実際には、転職エージェントが求人を探してくれる期間は3か月のみとなります。それ以降は依頼しないと求人を紹介してもらうことができませんので注意しましょう。

エージェントはたくさんの転職者の求人を探しますから1人にかけることができる期間が決められているのです。

エージェントを利用しながら、転職を探したいと考えている場合には、2か月くらいしてから、違う転職エージェントを登録していくという方法もあります。

転職エージェントに登録している人すべてがすぐに転職をしたいと考えているわけではありませんから、実際の転職エージェントを利用しても転職の成功率はかなり低いと言われていますが、転職を希望しているのであれば、無料ですし、転職エージェントを利用することに損はないでしょう。

上手くいけば自分の希望通りの転職先が見つかります。

転職をするには時間がかかりますし、良い求人との巡りあわせがあるかどうかは誰にも分りません。

転職エージェントに頼るだけではなく自分でも転職に向けて動くことで、転職が成功する確率は上がりますので、転職エージェントを利用しながら自分でも求人をチェックしましょう。





転職エージェントの非公開求人とは

転職エージェントに登録をすることで、非公開求人をチェックすることができるようになります。

非公開求人とは、一般の人には非公開で、転職エージェントに登録することで見ることができるようなシステムになっていますから、非公開求人をチェックするためだけに転職エージェントに登録をする人もいます。

非公開求人は、転職エージェントによって、内容が異なりますし、中にはとても良い条件や、大手の求人である場合もありますから、転職を希望している場合には、非公開求人のチェックは必ず行いましょう。

非公開求人とする理由としては、登録者を増やす目的がある場合や、新しく立ち上げる事業のため、他の企業に知られたくなく、企業側から依頼される場合などもあります。

人気がある求人の場合には、非公開求人とし、登録者限定とすることで、応募者が殺到することを防ぐ効果もあります。

メールマガジンなどを登録しておくと非公開求人があると知らせてくれるような転職エージェントもありますから、非公開求人のチェックを忘れずに行うようにしましょう。

一般的な求人よりも、非公開求人の方が大手であり、給料も高い場合が多くなっています。

経験者を求めている企業も多くなりますが、大手で働きたいと考えている人には非常にお勧めできる物となります。

非公開求人は他の求人よりも条件が良いことがわかっている人も多いため、かなり人気の求人となる場合が多くなっていますから、応募終了となる前に、チェックし、応募するか否かを決めましょう。





転職エージェントを利用した転職までの期間

転職エージェントを利用することで、転職が成功する人の場合、2か月前後で転職先が決まる人が最も多いとされています。

1か月で決まる人もいますが、希望内容が細かければそれだけ求人を探すことが大変となりますので、求人すら紹介されないという人も中にはいます。

エージェントが転職希望者の就職先を探すのは3か月程度であることが多くなっていますから、3か月を過ぎてしまった場合には、再度依頼をするか、他の転職エージェントを探すという方法になります。

転職を検討し、転職エージェントに登録、そしてエージェントとの面接で早くても2日から3日、予定が合わなければそれ以上の期間が必要となります。

その後、求人を探してもらう期間となりますが、求人が少ない業種である場合や、希望の求人ではないと、再度探してもらうことになりますから、1か月以上かかる場合もあれば、2か月以上の期間を要する場合もあります。

その後、エントリシートの提出、面接などを行い、採用となりますから、良い求人が見つかればそれだけ早く転職は進みます。

少しでも早く転職したいと考えている人も多いのですが、自分の理想とかけ離れているような転職先を選ぶと継続して勤務をすることが、難しくなりますし、今後のためにも妥協した転職はできるだけ避けた方が良いでしょう。

たとえ、給料が良く、良い条件である勤務先を紹介されたとしても、自分が妥協できないと思っていた点において妥協してまで転職をしてしまうと、後々失敗と感じてしまいますから気を付けましょう。





転職エージェントの利用を断られてしまう人とは

転職エージェントは誰でも利用できるように思われがちですが、登録をしようと思っている人の中には断られてしまうという人もいます。

転職エージェントに断られてしまう人の場合、職務経歴がほとんどないのにも関わらず歳を重ねている人や、転職を複数回繰り返している人、30代半ばになっても、リーダーの経験がない人、自分自身を分析できず、やりたいことも自分の希望も何もないような人の場合、エージェントから断られてしまいます。

登録をすることは可能となりますが、エージェントから求人を紹介してもらうようなことがなくなってしまいます。

登録をしたのにも関わらず何の連絡もない場合が多くなっています。

登録をすることはできますから、非公開求人をチェックすることはできますし、自分自身で応募する分には何も問題はありません。

ですが、断られてしまった場合には、自分には何が足りないのかを考えてみましょう。

転職エージェント側からすると、転職希望者は商品です。商品価値がない物を仕入れることがないのと同じで、就職する確率が全くない人を企業に紹介はしません。

採用とならないことがわかっていながら企業に紹介することができないのです。

現在までの職歴などを参考に転職エージェントからNGを出されてしまった場合には、経験を積むことが大切です。

どんな職業でも良いので、継続して勤務し、自分のスキルをあげましょう。

そうすることで、転職エージェントが求人を紹介してくれる可能性がありますので、経験を積むことから始めましょう。





転職のおすすめ~転職を成功させる~

転職の際に大事な事

転職をする際に一番大切な事は、自分の目標や、志望理由が明確であるということです。

企業側が応募してきた人員をチェックする時、職務経歴や、自己PR、志望理由を参考にすることが一番多いとされています。

ネットから拾ってきたような自己PRや志望理由は、面接をすればすぐにわかります。履歴書を見ながら人柄も面接によってチェックされますから、文面と全く違う印象を受けることで、履歴書は自分自身で作成した物ではないとすぐにわかってしまうでしょう。

転職エージェントを通した面接は、一般の面接よりも、採用になりやすいと言われていますが、紹介をされたからといって、内定をもらったわけではありませんから、合格するか否かは自分自身にかかっています。

書面だけではなく、自己PRが口頭でもしっかりとでき、即戦力となってくれるような人材を企業は希望しますから、面接時に自分のPRが全く出来なければ、採用とはならないことでしょう。

口ごもることは絶対にNGです。企業側に好印象を与えるために、ハキハキとした受け答えが基本です。

何か質問された場合、すぐに回答が出なくても、ひとまず「はい」と返事をし、その間に頭の中で猛スピードで回答を生み出しましょう。

聞かれるであろう質問であった場合でも、緊張してしまうと、上手く受け答えができない場合もあります。

ですが、話しをしていて感じが良い、気持ちが良いと思ってもらえれば、採用される確率は高くなることでしょう。





転職の進め方について

転職をしようと決意する場合、何らかの転職理由があることと思います。

現在の職場に対する不満である場合もありますし、新たな分野に挑戦したいと考える人もいると思います。

スキルアップのために転職したいと考える人もいます。

まずは転職先に何を望むのかを書き出してみましょう。

業種や給料、勤務体制など、書き出してみることで、求人を探し出す場合にも、転職エージェントに依頼する場合にも、求人を探しやすくなります。

求人を探し始めると、条件の良い求人に目移りしてしまうことも考えられますが、できるだけ、最初に定めた自分が望む転職先に沿った求人を探すようにしましょう。

目移りしてしまうことで、転職に求めている物が揺らいでしまい、結果的に、再度転職を考えなければいけないことも考えられますから、できるだけ希望に沿った求人を探しましょう。

求人に希望の物が見つかったらエントリーをします。

その後、面接の日時などを調整し、面接を行い、採用か否かが決定します。現在仕事をしている場合には、できるだけ転職先が決まってから転職することを伝えることが望ましいでしょう。

転職を考えていますとしておきながら、結果的に良い求人に巡り合えなかった場合、継続して勤務をすることになりますから、自分の居場所を失ってしまわないためにも、できるだけ転職先が決まってから、退職することを伝えるようにしましょう。

退職は円満退職が基本です。

トラブルを起こしてしまうと転職先で内定取り消しとなってしまう場合もありますので注意しましょう。





転職をする心構えと決断

転職をするということは、新しいスタートを切ることになります。

転職先がたとえどんな職場であっても、後悔のないようにしなければいけません。

現在の職場をやめるのですから、現在よりもより良い職場を目指して転職することと思いますが、実際に転職をしてみると思っていた職場ではなかったという人もたくさんいます。

転職を失敗したと感じてしまう場合、前職の方が良かったと後悔してしまう人もいるのですが、一度仕事をやめてしまったら、転職先がいくら気に入らなくても戻るわけにはいきません。

仕事をやめ、新たなスタートを切るという覚悟をしっかりと持ち、たとえ失敗の転職となってしまっても、継続して勤務を続けなければいけません。

働き始めてすぐにやめてしまっては、社会的信頼を失うこととなりますから、再度転職を試みても、雇ってくれる企業は激減するはずです。

転職を失敗とならないように、転職エージェントを利用する、下調べを入念にするなどを行いましょう。

転職をすることに対し、安易な気持ちで転職をする人も大勢いますが、日本人は継続して勤務をする方が信頼できる人間であると判断しますから、転職をするならば、その転職を最後の転職と決め、勤務をする覚悟が持てたのであれば、退職届を提出しましょう。

転職は働いてみないとわかりません。

たとえ信頼できる人からの紹介であっても、実際に働いてみないとわからないことはたくさんありますから、そのようなリスクも頭に入れ、転職をするようにしましょう。





転職を考える理由とは

転職をしたいと考える人の中で最も多い理由が、現在よりも高い給料で働きたいという人です。

日本の中には、高所得者もいれば、低所得者もいます。

低所得者は正社員であっても、給料が安く、家族を養うほどの収入がないというような人で、徐々に低所得者の数は増えていると言われています。

あまりにも低所得である場合には、転職をすることで、どんな職場でも給料があがるはずですが、給料をあげたいと考える人の場合には、スキルアップや、勤続年数がかさむことで大幅に給料があがるような企業で働くことをお勧めします。

役職につくと給料が上がる場合など、企業では給料を上げるためには制約がある場合もあります。

ノルマ制である場合もありますが、出来高制やノルマ制となってしまうことで、出来る人は高い収入を得ることができますが、中には仕事に慣れず、再度転職を検討してしまう人もいます。

次に多い転職理由としては、勤務時間や、拘束時間が長いということです。

企業によってはサービス残業を余儀なくされ、労働基準局にも言えず耐えている人もいます。

特にサービス残業は悪質ですから、できるだけ残業代や拘束時間が少ない職場を希望する人もたくさんいます。

特に女性が働く場合、子育てや家庭との両立のため、残業が全くない職場を選ぶ人もたくさんいます。

転職エージェントを利用すると、自分が転職に望むことを伝えることで、自分に合った転職先を紹介してもらうことができます。

なぜ転職したいと考えたのかを伝えると、スムーズに話が進むでしょう。





転職のおすすめ~転職で失敗しないために~

転職で多い失敗例

転職により失敗を感じる人は意外にも多くいます。

転職の失敗とは、給料が提示されていた金額よりも少なかったという場合や、残業なしだと聞いていたのに、実際に働いてみたら残業があったという場合、職場の雰囲気が自分に合わないなどと言う場合があります。

給料が安いと感じてしまう人の場合、福利厚生や税金など、引かれる金額を頭に入れておらず、実際の手取り金額が前職よりも少なくなってしまったという人の場合です。

給料が高い企業で働きたいと考えていたのにも関わらず、手取りの給料が安くなってしまっては転職が失敗であったと言わざるを得ません。

残業なしと記載しておきながら、実際には残業はあるのにサービス残業だったという場合もあります。

お金をもらえないのにも関わらず、仕事をしなければいけないわけですから、確実に転職は失敗だったと言えるでしょう。

一番難しいのが、職場の雰囲気が合わないという場合です。

働いてみないと、どんな職場かわかりません。給料でも勤務体制にも何の問題もないのにも関わらず、人とのコミュニケーションがうまく取れずに転職を失敗であったと感じる人もいるのです。

転職したばかりなのに、仕事について全く教えてくれないような会社もあります。

ですが、転職してみないとわからないため、当たりかはずれはかを当てる事は難しいでしょう。

転職エージェントを利用すれば、できるだけそのようなリスクを避けた転職を紹介してもらうことができるでしょう。





転職で業種を変える場合には

転職で業種を変えたいと考える人もいます。

業種を変えるということは全く何もわからない世界に飛び込むわけですから、全てにおいて1から勉強のし直しとなります。

現在まで働いていた職場で培った物を活かすことができませんから、初心に返ったつもりで、転職をしなければいけません。

業種を変えた転職をする場合、できるだけ若い年代のうちに転職をしましょう。

歳をとってから、業種を変えた転職を希望しても、雇ってくれる企業はほとんどないと言えるでしょう。

境目としては30代になるかならないか程度となります。

それ以上歳を重ねると確実に新業種での転職の成功率は下がります。

転職が成功する人の場合、業種を変えても、様々なことを勉強し、年下から教わる事でも、素直に聞き入れることができます。

ですが、成功しない人の場合、自分からは何の努力もせず、わからないことに対して質問をしてこない、メモを取らないなどといったことが見受けられます。

違う業種で働くということはそれなりの覚悟を持って、取り組まなければ、習得するまでに長い月日がかかってしまいますから、違う業種で働く場合には、勉強する姿勢が非常に大切です。

転職エージェントを利用すると、違う業種でも転職がしやすくなります。

求人の中には、未経験者OKとしているような求人も多数ありますから、今後自分がどのような転職を目指し、どのように働いていきたいのかを伝えることで、自分の希望に合わせた転職先を紹介してもらうことができるでしょう。





転職の回数が多い人の転職

転職の回数が現在までの3回以上ある人はかなりの要注意となります。

企業側からみると、3回以上の転職経験は、仕事を長続きできない人であると捉えがちです。

転職回数が多い人の場合には、離職理由をしっかりと考えておきましょう。

離職理由がきちんとした物であり、転職をしたことが仕方がないことだと判断されれば、転職回数が多くても、企業側から信頼してもらえないということはありません。

企業が倒産してしまったという場合や、介護のためなど、認められやすい理由となります。

正当な理由がない場合には、自分自身で離職理由を考えなければいけません。

給料が安いからやめた、残業が多いからやめたという理由ではいけません。

自分の目標を達成させるため、スキルアップのためなど、様々な理由がありますが、転職回数が多くても企業側から欲しい人材だと思われるようにすることが必要となります。

中には、転職したことが自慢であるかのように、職務経歴を何枚も提出する人もいますが、職務経歴は長ければ採用確率は格段と下がります。

転生エージェントに依頼する際にも断られてしまうこともありますから、転職をしたら、継続して勤務をする覚悟を持って転職をするようにしましょう。

転職をすることがいけない事ではありません。

ですが、転職をしたらその職場で勤務を継続するということが必要となるのです。

どんなに条件が悪い職場であっても、最低でも2年以上は勤続年数がないと、社会的な信頼は確実に低くなることでしょう。





ブラックな会社を見分けるには

ブラックな会社と呼ばれる企業は、給料が安い、仕事が激務である、ノルマが厳しい、拘束時間が長い、離職率が高いなどということがあげられます。

誰もがブラックな会社では働きたくないと考えますし、転職に失敗をしてブラックな会社で働かなければいけない状態になってしまうと、すぐに転職を考えてしまうことになりますので注意が必要です。

見分け方としては、いつでも求人を出しているような会社や、求人が頻繁に登場するような会社は要注意です。

求人に掲載されている給料の幅が広い場合にも注意が必要です。

確実に一番下の給料となりますが、高い給料をもらうことはほぼできないと思って良いでしょう。

面接に行ったときにブラックかどうかをチェックする方法もあります。ブラック企業はどんな人材でも欲しいですから、前職の離職理由や、給与などには全く関心を持たず、すぐにその場で採用、できるだけ早く来てほしいと伝えられます。

社員の対応が悪いという場合にも要注意ですし、トイレが汚い場合にもその会社は注意が必要であると考えましょう。

社員がトイレ掃除をする時間すらない場合や、掃除として人を雇うお金を惜しんでいるかのどちらかとなります。

転職エージェントを利用すれば、ブラック企業での勤務は比較的避けられますが、転職エージェントの中には、ブラック企業ばかりを紹介するような悪質なエージェントもいますから、気を付けましょう。

見極めることができるのは自分自身です。