家具のおすすめ~スタイル・上手な家具選びのポイント・配置・カラー・部屋のバランス~





家具 おすすめ

家具のおすすめ~スタイル・上手な家具選びのポイント・配置・カラー・部屋のバランス~

引越をする際、模様替えをした際などには、「新しい家具が欲しいなぁ」と思われる方も多いと思います。

「ちょっと、部屋の雰囲気を変えてみたいなぁ」と考えている時などにも、新しい家具の購入を考えますよね。

家具と一言で言っても、様々な種類の家具がありますし、様々なテイストの家具がありますから、好みの家具を探していくのも楽しいものですよね。

「家具って、どういったテイストのものがあるのだろう?」と思っている方も多いと思いますが、例えばナチュラルスタイルが好きな方であれば、木目などを楽しめるナチュラルタイプの家具を選ぶと良いですよ。

「部屋は、シックなイメージにしたい」と考えている方であれば、クラシックスタイルやモダンスタイルなどの家具を選ぶことで、理想的な部屋作りをすることが出来るでしょう。

「外国の様な部屋作りをしたい」と考えている方であれば、北欧スタイルの家具を選んだり、アジアンスタイルなどを選ぶことで、落ち着いた部屋作りをすることが出来るでしょう。

「家具を選ぶ際には、どういったことをチェックして、選んでいけば良いのだろう?」と思われる方もいると思いますが、家具を選ぶ際には、何よりもサイズ感を理解しておくことが必要。

「ここに、新しいソファーを置きたい」と思った場合には、まずその寸法を測っておくことが基本。

また、ソファーが届いた際に部屋の中に無理なく搬入出来るかを確認するために、玄関の間口や廊下の幅、扉の幅なども測っておくと安心ですよ。

その他、窓の位置やコンセントの位置、柱の位置なども調べて置くことが必要。

テレビ台などを乗せるキャビネットなどを購入する際には、テレビを配置する際のコンセントの位置なども大切ですから、事前に確認しておくことが大切ですよ。

また、事前にどういった部屋の雰囲気を目指すのかも考えて置くことが必要。

当然、様々なスタイルの家具や、色合いのものを置いてしまうと、部屋はバラバラの印象となってしまい落ち着かなくなってしまいます。

どういった雰囲気の部屋にしたいのかも、しっかりと考えておきましょう。





家具のおすすめ~家具の様々なスタイル~

ナチュラルスタイルの家具

「部屋の雰囲気を変えるために、新しい家具を取り入れてみたい」と考えている方もいると思います。

そんな方の中には、「落ち着く雰囲気の部屋作りをしたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

では、年齢なども幅広く楽しむことの出来るスタイル、ナチュラルスタイルの家具について、ご紹介しましょう。

ナチュラルスタイルとは、木材などの素朴な素材感が出ている家具などを取り入れるスタイルとなっており、とても温かい雰囲気の部屋作りを目指すことが出来ます。

「落ち着いた部屋にしたい」と考えている方にとっては、定番中の定番スタイルともいえるでしょう。

ナチュラルスタイルの場合には、様々な部屋の大きさにも合わせることが出来ます。

広々としたお部屋にナチュラルスタイルの家具を取り入れる場合には、お部屋の中をすっきりとさせた雰囲気を作り出すことが出来るでしょう。

あまり広さがないお部屋の場合には、落ち着いた雰囲気を出すことが出来るでしょう。

ナチュラルスタイルというと、ブランケンをベースにする方が多いと思いますが、全てのブラウンで揃えてしまうと、部屋がぼんやりとした雰囲気になってしまいますから、カーテンの色、ソファーの色などは少し濃い目の色を取り入れて、色を引き締めると良いですよ。

ナチュラルスタイルで統一するのであれば、グリーンなども上手に取り入れると、より癒し空間が作りやすくなりますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。





北欧モダンスタイルの家具

最近では、部屋作りをする際に「海外の家の様な、雰囲気を作りたい」と考えている方も増えてきていますよね。

特に、北欧スタイルは現在人気の高いスタイルとなっていますから、「北欧モダンスタイルの家具を取り入れて、部屋作りをしたい」と考えている方も、多いのではないでしょうか。

では、北欧モダンスタイルの家具とは、どういったスタイルなのか、ご紹介しましょう。

北欧モダンスタイルの家具は、日本にはない大柄のファブリックがあったり、原色を使ったアイテムなどがあり、これらを上手に取り入れることで北欧スタイルを作りだすことが出来ます。

海外の部屋作りでは、小物なども上手に取り入れていますから、「少しずつ、部屋のスタイルを変えていきたい」と考えている方であれば、小物などを少しずつ買い足していくのも良いでしょう。

北欧モダンスタイルを目指すのであれば、基本はナチュラル系のカラー、ホワイト系のカラーで統一することがおすすめ。

基本カラーが決まっていれば、まとまりのある部屋作りをすることが出来ますよ。

部屋作りというと、どうしても家具やカーテンなどにとらわれてしまいがちですが、北欧スタイルを目指すのであれば、上手にファブリックパネルなどを取り入れることもおすすめ。

ファブリックパネルを取り入れるだけでも、部屋の雰囲気を一気に北欧スタイルに変えることが出来ますから、とても新鮮ですよ。

ぜひ、パネルなども上手に活用して部屋作りを行ってみてくださいね。





カントリースタイルの家具

女性の中には、「カントリースタイルの部屋が好き」という方も多いと思います。

カントリースタイルは、ぬくもりのあるスタイルですから「家具なども、カントリースタイルを取り入れてみたい」と考えている方も多いかもしれませんね。

では、カントリースタイルの家具について、ご紹介しましょう。

カントリースタイルというと、みなさんはどういったイメージを持つでしょうか。

「パッチワークなどを、上手に利用している」というイメージを持っている方も、多いのではないでしょうか。

カントリースタイルの家具というのは、木製家具が基本。

ダイニングテーブル、椅子、ソファーなど、全てぬくもりのある木製家具となっていますから、揃えることで部屋に統一感を与えることが出来るでしょう。

最近では、家を購入する際にカントリー調のデザインを好んでいる方も多いですから、こういった家の中もカントリースタイルの家具を揃えれば、家全体がまとまりのある雰囲気になりますよね。

ソファーに置くクッションなどは、パッチワーク柄やチェック柄などを取り入れると、よりカントリーの雰囲気を出すことが出来るでしょう。

家具屋さんなどでも、こういったカントリースタイルの家具を多く扱っているところもありますから、そういったお店で好みの家具などを見つけてみるのも良いですよ。

「可愛い雰囲気の家づくりをしたい」と考えている方にとっては、カントリースタイルの家具はとても理想的な雰囲気となるはずですよ。





クラシックスタイルの家具

部屋の模様替えをしたいと考えている方や、家を購入し「家具を、新しいものに買い変えたい」と考えている方は、「長く使える家具を選びたい」と考えている方も多いと思います。

そんな方は、「いくつになっても、落ち着く雰囲気にしたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そんな方は、クラシックスタイルの家具を取り入れて、部屋作りをしてみませんか。

クラシックスタイルの家具は、ツヤツヤの塗装を行ったキャビネットや猫足などの装飾された家具が多く、とても格調高い部屋作りをすることが出来ます。

こういった雰囲気であれば、いくつになっても楽しむことが出来るのではないでしょうか。

このクラシックスタイルは、ヨーロッパの伝統的なスタイルが基本となっていますから、「外国の雰囲気ある、部屋作りをしたい」と考えている方にとっては、とても魅力的な家具となるでしょう。

クラシックスタイルを作りだす際には、カーペット選びもポイント。

クラシックスタイルを作りだすためには、やはり落ち着いた色調のものを選ぶことが基本となります。

家具の色合いなどのバランスを見ながら、カーペットも選んでいくことで落ち着いた気品ある部屋作りをすることが出来ますよ。

マンションなどを購入した方にとっては、とても取り入れやすいのではないでしょうか。

「外国風のイメージにしたいけれど、大人っぽいスタイルにしたい」と考えている方にとっては、クラシックスタイルの家具を取り入れることで格調高い部屋作りが出来ますよ。





モダンスタイルの家具

「これから、結婚を控えている」という方の中には、二人で新居探しなどをしている方もいると思います。

新居が決まれば、家具や家電なども必要となってきますよね。

これから、新しい生活を二人ではじめる際には、家具選びなども二人で行っていくことになると思います。

「彼は、甘いスタイルは好みではない」という方も多いでしょう。

そんな時には、モダンスタイルの家具を選ぶことで、お二人が落ち着ける空間作りが出来ますよ。

では、モダンスタイルの家具とは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。

モダンスタイルの家具は、クールな印象の部屋作りをすることが出来ます。

男性にとっては、とても理想的なスタイルといえるでしょう。

モダンスタイルの基本は、シックなカラー選び。

黒や白、グレーといった落ち着いた雰囲気の家具や家電などで色合いを統一することで、とてもシックなイメージを作り出すことが出来ます。

また、直線的なデザインの家具を選んでいくことで、よりモダンなスタイルを作りだすことが出来ますよ。

モダンスタイルの家具というと、外国のイメージがある方も多いと思いますが、今ではジャパニーズモダンといったスタイルも人気が上がってきていますから、和のテイストの物を上手に取り入れるのもおすすめですよ。

異素材のものを取り入れても、バランスが崩れないのがモダンスタイルの魅力でもありますから、ぜひ様々な素材のものを取り入れて、オリジナルの部屋作りをしてみてくださいね。





アジアンスタイルの家具

旅行などでリゾート地に足を運ぶと、「ここのホテルの雰囲気が、好きだなぁ」と感じることもあると思います。

「こういった雰囲気の部屋だと、仕事から帰ってきても癒されそう」と感じますよね。

そんな方は、アジアンスタイルの家具を取り入れて、アジアンスタイルの部屋作りを行ってみませんか。

アジアンスタイルの家具は、リゾート感のある家具となっており、とても癒し効果の高いスタイルとなっています。

家具などは、自然素材のものを取り入れているものが多いですから、心を落ち着かせてくれる効果もあります。

木材だけではなく、竹や麻などの素材も取り入れていますから、日本人にとってはとても落ち着く雰囲気を作り出すことが出来ます。

また、上手に照明なども取り入れると良いですよ。

照明も、竹や木材、和紙などを使ったものを選ぶことで、部屋に暖かい印象を与えることが出来ます。

夜になると、オレンジの明かりが灯りますから、仕事が終わった後も部屋の中で落ち着いて過ごすことが出来るでしょう。

アジアンスタイルの家具は、日本のものもあれば、中国やバリ、インドネシアなど、様々な国のエスニックな家具がありますから、好みの家具を組み合わせていくのもおもしろいですよ。

様々な伝統的な家具を取り入れることで、部屋の雰囲気が変わってくるはず。

「リゾート地の様な雰囲気を作りたい」と考えている方は、ぜひアジアンスタイルの家具を取り入れて部屋作りをチャレンジしてみてくださいね。





ミッドセンチュリーモダンスタイルの家具

「一人暮らしをはじめるから、これから好みの家具を揃えていきたい」と考えている方もいると思います。

はじめての一人暮らしとなれば、部屋作りなども楽しみにしている方が多いでしょう。

「理想的な部屋作りをしたい」と考えている方も多いと思います。

そんな方は、ミッドセンチュリーモダンスタイルを取り入れて、自分らしい部屋作りをしてみませんか。

ミッドセンチュリーモダンスタイルと言われても、ピンとこない方も多いと思います。

ミッドセンチュリーモダンスタイルは、1950年前後にアメリカで人気が出たスタイルとなっており、デザイナーズ家具から人気が高まったスタイルとなっています。

ミッドセンチュリーモダンスタイルの特徴は、新素材を使用しているということ。

家具を作る際には、板などは厚いものを選ぶことで耐久性や安全性などを維持していますが、ミッドセンチュリーモダンスタイルの場合には、薄い木材を何枚も重ねるなどして、新しいスタイルを作りだしています。

中には、ガラス繊維を混ぜているものや、プラスチックなどを混ぜているものもあるんですよ。

こういった異素材のものが加わることで、家具の雰囲気もガラっと変えることが出来ます。

オーガニックデザインとも言われていますから、ナチュラルな雰囲気が好きな方にとっても、理想的なスタイルといえるでしょう。

「ちょっと、部屋が寂しいな」と思った時には、大柄模様のファブリックなどを取り入れることで、引き締めることが出来ますよ。





ミニマムスタイル・シンプルクリアスタイルの家具

部屋作りをする際には、「出来るだけ、シンプルにまとめたい」と考えている方もいると思います。

「色々なカラーを入れると、統一感もなくなりそうだから」と思っている方もいるでしょう。

また、「出来れば、ホテルの様な生活感のないスタイルを目指したい」と考えている方もいると思います。

こういった方は、ミニマムスタイル・シンプルクリアスタイルを目指してみませんか。

ミニマムスタイルとは、ホテルの一室をイメージしたスタイル。

ホテルの部屋というのは、とてもこじんまりとしていますが、まとまっていますよね。

一人暮らしの方にとっては、とても理想的なスタイルともいえるでしょう。

もちろん、ミニマムスタイル・シンプルクリアスタイルの場合には、ホテルの様にシンプルに暮らすことが目標となりますから、あまり物を増やさずに暮らしていくことがポイント。

「ワンルームだけど、もう少し部屋を上手に活用したい」と考えている方であれば、パーティションなどを上手に活用すると良いですよ。

ミニマムスタイル・シンプルクリアスタイルを取り入れる際には、家具などをホワイト系のもので統一することがおすすめ。

しかし、これだけではぼんやりとした雰囲気となってしまいますから、グリーンや花などを飾って、部屋を明るい雰囲気にすると、より落ち着く部屋作りが出来るはずですよ。

ミニマムスタイル・シンプルクリアスタイルを目指す場合には、必要最低限の荷物にすることがポイントとなるでしょう。





ロマンチックスタイルの家具

女性の方は、「出来るだけ、部屋は女の子らしい部屋にしたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

「外国の女の子の様な、かわいらしい部屋に憧れている」という方も多いのではないでしょうか。

では、女性に人気のロマンチックスタイル、ガーリースタイルについて、ご紹介しましょう。

ロマンチックスタイル、ガーリースタイルの特徴としては、家具はヨーロピアン調のものを選ぶことがポイント。

ベッドなどは、枠にデザイン性のあるものを選ぶことで、より可愛いらしい囲気を作りだすことが出来ます。

そして、ベッドカバーやクッションなどの小物に関しては、花柄のものを選んだり、レースがついているもの、フリルが付いているものなどを選ぶことで、より女性いらしいスタイルを作りだすことが出来ます。

「どういったカラーのものを選んだら良いのだろう?」と迷われる方も多いと思いますが、ロマンチックスタイル、ガーリースタイルを目指すのであれば、白やパステル系のカラーで統一することがおすすめ。

パステル系のカラーを選べば、より優しい雰囲気の部屋作りをすることが出来ますよ。

こういった部屋作りをすると、家にいる時にも女性であることを楽しめそうですよね。

女性の方で、「映画に出てくるような、外国の女の子の部屋の様な雰囲気にしたい」と考えている方は、まずはベースカラーから変えていきましょう。

家具を選ぶ際には、ヨーロピアン調の家具を選ぶことで、まとまった雰囲気になりますよ。





クールスタイルの家具

一人暮らしをはじめる男性の中には、「出来れば、部屋は都会的なイメージにしたい」と考えている方もいると思います。

今では、男性でもおしゃれな方が増えてきていますから、「部屋作りも、こだわっていきたい」と考えている方も多いでしょう。

そんな男性におすすめなのは、クールスタイルの家具。

では、クールスタイルの家具とは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。

クールスタイルの家具は、特にクリエイティブの仕事をしている方には人気の高いスタイルとなっており、都会的なイメージとなっています。

「クールスタイル家具って、どういったものなの?」と思われる方も多いと思いますが、素材としてはガラスや石材、スティールなどの素材を使っており、モノトーンで作られたものが多くなります。

直線的な家具で統一させることで、よりクールな雰囲気を作り出すことが出来るでしょう。

また、クールスタイルを取り入れる際には、カーテンではなくブラインドなどを取り入れるのがおすすめ。

今では、木製のブラインドなどもありますから、こういったものを取り入れることで、より都会的な雰囲気作りをすることが出来るでしょう。

照明なども取り入れると、より雰囲気を出しやすいですよ。

カラーは、ホワイトやブラウンなどシックな色合いを選ぶことがポイント。

アクセントとして、デザイン性のある家具なども取り入れてみるのもおすすめ。

男性に人気の高いクールスタイルは、女性にも受けが良いはずですよ。





家具のおすすめ~家具選びのポイント~

部屋の大きさ

新しい家へ引っ越しをする際、模様替えをする際には、家具を新しくしたいと考えている方も多いと思います。

「この機会に、新しい家具を買い足したいなぁ」と考えている方もいるでしょう。

では、家具を選ぶ際には、どういった点をチェックしていく必要があるのか、ご紹介しましょう。

まず、家具を選ぶ際には、家具を置く部屋の大きさを把握しておくことが必要となります。

特に、大きな家具の場合には、サイズなどを測っておく必要があります。

お店で見ると、「このくらいなら、入るだろう」と思っていても、家に持ってくると思った以上に威圧感を感じてしまうことがあります。

「8畳あるから、大丈夫だろう」と思っている方もいると思いますが、同じ8畳でも江戸間や京間によっては、大きさが異なってきます。

ソファー、ベッドなどは、特に大きな家具となりますから、しっかりと部屋のサイズを測ってから家具屋さんに向かう様にしましょう。

サイズをチェックしていないと、「家具は、部屋に入ったけれど、扉が開かなくなってしまった」「ほとんど、家具だけで部屋が埋められてしまった」となってしまう可能性がありますから、こういった失敗を防ぐためには、事前に採寸しておくことが大切。

このように、家具を選ぶ際には、まずは部屋のサイズをしっかりと把握しておくことが必要。

「このスペースにおける家具を買いたい」と考えている場合には、そのサイズを必ず測り、そのサイズに納まる家具から選ぶ様にしましょう。





窓のチェック

模様替えなどをする際には、「今までとは、イメージを変えたいから、大きく配置換えをしたい」と考えている方もいると思います。

「新しい家具も取り入れて、新鮮な雰囲気にしたい」と考えている方もいるでしょう。

しかし、家具を選ぶ際には、どこに置くかを決めておくだけでは後々後悔してしまいますよ。

では、家具選びの際に行っておきたい、窓のチェックについて、ご紹介しましょう。

お部屋には、各部屋に窓がありますよね。

中には、窓がない部屋がある方もいると思いますが、多くの部屋には窓が設置されているでしょう。

そのため、この窓の高さや寸法なども把握しておく必要があります。

「窓際に、ソファーを置きたい」と考えている場合には、窓の高さなどのチェックが必要。

窓の高さを把握していなければ、ソファーの高さにより窓を塞いでしまう可能性がありますからね。

そうなれば、部屋が暗い雰囲気になってしまいますから、「ソファー選びに失敗してしまった」と後悔してしまうことになるでしょう。

窓のサイズをチェックする際には、窓の端の部分から窓枠までの寸法もチェックしておくことが必要。

窓際に家具を置きたい場合には、窓の高さなども確認しておくことが必要となります。

窓際に家具を設置する際には、日が入ることで家具が日に焼けてしまうこともありますから、それらも考慮した上で家具選びをしていくことが大切となります。

このように、家具を選ぶ際には窓のサイズや位置などもしっかりと把握した上で、選ぶことが大切となります。





扉のチェック

みなさんは、ご自宅の部屋の扉などのサイズは、把握出来ていますか。内側に開く扉なのか、外側に開く扉なのかも、覚えているでしょうか。

家具を選ぶ際には、こういった扉の状態などもしっかりとチェックしておくことが必要ですよ。

では、家具を選ぶ際にチェックしておきたい、扉のチェックについて、ご紹介しましょう。

家具を配置する際には、「入口付近に、置きたいと考えている」という方もいると思います。

しかし、扉が内側に開く場合には、扉が開くためにはどのくらいのスペースが必要なのかも、確認しておくことが必要となります。

このサイズを確認していないと、家具を入れてから「扉が途中までしか開かない」ということになってしまいますからね。

せっかく購入した家具が、扉を開ける度にぶつかってしまえば、傷などがついてしまう可能性もあります。

扉に傷がついてしまう可能性もあるでしょう。

特に、一人暮らしの方で、あまり広いスペースを確保出来ない方の場合には、この扉のサイズをしっかりと確認しておくことが大切。

家具の配置などを考える際、ついつい部屋のスペースのみを考えてしまいがちですが、扉の開くスペースのことも考えて配置を考えていくことも大切ということ。

このように、家具を購入する際には、扉のことも考えたサイズ選びが必要となります。

「多少、開けづらくても良いだろう」と思っていても、生活をしていくと「不便だなぁ」と感じてしまいますから、事前のサイズチェックが大切ですよ。





コンセント等のチェック

家具を購入する際には、「テレビ台を購入したい」と考えている方もいれば、「パソコン机を購入したい」「電子レンジを乗せる台を購入したい」と考えている方もいると思います。

家具設置後は、そこで電化製品などを利用することもありますよね。

そのため、家具を購入する際には、コンセント等のチェックも大切なんですよ。

では、家具購入時の前に確認しておきたい、コンセントなどのチェックについて、ご紹介しましょう。

新しい部屋を借りた場合、購入した場合には、家具のレイアウトなどを考えますよね。

その時、「こんな風に置けば、使い勝手が良いのでは?」と思い、レイアウトを考える方も多いと思いますが、その際コンセントの位置も確認しておくことが必要。

電子レンジなどのキッチン用品などを設置する台を購入する際には、その台にも電源を差し込むところがあるのか、どの位置についているのかなど確認しておくことが必要となります。

テレビ台を購入する際には、事前にテレビのアンテナ端末の位置なども確認しておくことが必要となるでしょう。

もちろん、延長コードを使えば、どこでも設置することは可能ですが、コードが見えてしまって部屋の中がすっきりと片付かなくなってしまいます。

安全面を考えても、あまり延長コードを利用しない方が良いですからね。

このように、家具を選ぶ際には、事前にコンセント等の位置も確認しておくことがおすすめ。

特に、キッチンで使う家具の場合には、コンセント数などを数えておくと良いですよ。





柱等のチェック

家具を新たに購入する際には、「ここに置く家具が欲しい」と考えている方が多いと思います。

全ての家具を揃える際にも、「ある程度のレイアウトは、決めている」という方も多いでしょう。

部屋のサイズが分かれば、きっちりと家具を収めることが出来ますから、サイズのチェックは欠かせませんよね。

しかし、ここで忘れがちなのが図面ではチェック出来ない、柱や梁などの部分。

「ここには、食器棚を設置しよう」と考え、横のサイズをしっかりと確認していても、上部分に梁があり食器棚が届いてから、「高さが入らない」というケースも少なくありません。

意外にも部屋の中には細かいでっぱりなどもありますから、こういった細かい個所も事前に確認しておくことが必要。

通常、引越の際などは部屋の間取図などを見ながらレイアウトを考えていくと思いますが、平面の間取図ではこういった柱や梁などの細かい部分まではチェックすることが出来ません。

そのため、出来れば実際に現地に行って、細かい部分などをチェックしておくことがおすすめ。

家具購入後、物が届いてから、「入らない」ということに気づいてしまっては、手間がかかってしまいますからね。

このように、部屋の中には意外にも細かいでこぼこがあります。

柱や梁などは、実際に部屋をチェックしなければ分からないことも多いですから、事前に部屋を細かくチェックしておくことがおすすめ。

特に、高さななどは細かくチェックしておくことが必要ですよ。





部屋への配送時のチェック

家具を購入したいと考えている方の中には、「ベッドを購入したい」と考えている方もいれば、「ソファーを購入したい」と考えている方もいると思います。

家具の中には、こういった大きな家具もありますから、こういった家具購入時には家具配送時のことも事前にチェックしておくことが必要ですよ。

では、家具購入時の部屋への配送時のチェックについて、ご紹介しましょう。

「配送時のチェックって、どういうこと?」と思われる方もいると思います。

例えば、ベッドを購入した場合。ベッドの場合には、ベッドの枠部分はバラバラにして運ぶことが出来ますが、マットレスの場合にはこれ以上小さくすることは出来ません。

そのため、配送時にエレベーターに入るサイズなのか、玄関口は問題なく通るか、部屋の扉はしっかりと通れるかなど事前に確認しておくことが必要ということ。

せっかく購入したにも関わらず、家の前で配送が出来ないことが分かれば、そこで返品などの手続きを行わなくてはいけません。

せっかく気に入って購入した家具が、部屋に入れられないとなればがっかりしてしまいますから、大き目の家具を購入する際には、事前に部屋までの配送時も問題なく運べるかを確認しておくことが必要。

エレベーターのサイズ、玄関のサイズ、部屋の廊下の幅、扉のサイズなどを測っておけば、家具屋さんでそれを伝えれば搬入可能かどうかを判断することが出来ますから、運んでからがっかりすることもなくなりますよ。





家具のおすすめ~家具配置を避けたい場所~

日光の当たる場所

家具のレイアウトをする際には、「部屋のスペースを上手に活用して、家具の配置をしていきたい」と考えている方が多いと思います。

家具の配置によっては、広く見せることも出来ますから、レイアウトを一生懸命考えている方もいるでしょう。

しかし、家具をレイアウトする際には、出来れば家具の配置を避けたい場所があります。

では、家具配置を避けたい場所のひとつ、日光の当たる場所について、ご紹介しましょう。

みなさんは、普段から日焼けなどは気にしていますか。

女性の場合には、「出来るだけ、紫外線を浴びないように注意している」という方も多いと思います。

実は、これは家具にとっても同じこと。

家具も紫外線を浴びてしまえば、どんどん変色してしまいます。

変色が進めば、その後家具も劣化しやすい状態となってしまいます。

せっかく、気に入って購入した家具などに、色が変わってしまったり、早くに劣化してしまうというのは避けたいものですよね。

そのため、家具配置を行う際には、日光が当たりやすい場所には家具は配置しないことがおすすめ。

「でも、ここしか配置場所がない」という場合には、出来るだけカーテンなどを閉めた状態を保ち、家具に紫外線が当たらない様にすることが必要となります。

このように、家具はどこに配置しても構いませんが、家具を長く愛用するためには日光が当たる場所は避けた方が無難。

どうしても、そこしか配置場所がない場合には、家具の為に紫外線対策もしっかりと行いましょう。





冷暖房に近い場所

みなさんのお部屋は、年中快適に過ごせていますか。

快適に過ごすためには、やはり冬場には暖房が欠かせませんし、夏場にはクーラーが欠かせませんよね。

こういった機能があることで、年中快適に過ごすことが出来るでしょう。

しかし、これらは家具にとっては悪影響を与えてしまうこともあるんですよ。

では、家具の配置を避けたい場所のひとつ、冷暖房に近い場所について、ご紹介しましょう。

みなさんのご自宅では、暖房器具、冷房器具はどのあたりに設置されていますか。

その近くには、家具などは設置されていますか。

冷房や暖房というのは、私たちにとってはとても助かるアイテムではありますが、家具にとっては良いものではありません。

特に、暖房などを利用している場合、吹き出し口などが家具に近い場合には、家具が変形してしまうことがあります。

木製家具の場合には、木が割れてしまうこともあります。

それだけ、冷暖房の影響というのは家具にとっては大きなものということ。

そのため、家具配置をする際には、出来るだけ冷暖房に近い場所は避けて設置することがおすすめ。

「どのくらい離せば良いのだろう?」と思われる方もいると思いますが、暖かい風や冷たい風が直接家具に当たらなければ良いでしょう。

ということは、吹き出し口からある程度の距離があれば問題ないということ。

このように、家具配置の際には、出来るだけ冷暖房に近い場所は避けた方が無難。

木製家具は、特に影響が大きいですから、注意が必要ですよ。





壁との距離

家具を配置する際には、壁際に沿ってレイアウトを考えていきますよね。

そして、少しでも部屋を広々と使うためにも、壁にぴったりとくっつけた状態で家具を配置する方が多いと思います。

確かに、壁にぴったりと家具がくっついていると、安心感もありますよね。

しかし、家具を配置する際には、出来るだけ壁との距離を開けることがおすすめ。

では、家具配置の際の家具と壁との距離について、ご紹介しましょう。

「家具は、壁にくっつけた方が安全では?」と思われる方も多いと思いますが、壁にぴったりとくっつけてしまった場合、どうしてもそこに湿気などが貯まりやすくなり、カビの原因となってしまいます。

特に、梅雨時期などには知らない間に、家具の裏側がカビだらけなんてことになってしまいますから、注意が必要ですよ。

ソファーなども、壁にぴったりとくっつけて配置する方が多いと思いますが、出来れば、壁と家具の間には10センチ程度の隙間を作っておくことがおすすめ。

これだけ通気が良い状態であれば、梅雨の時期のカビなどの心配もなくなりますよ。

隙間があれば、普段からの掃除なども行いやすいですからね。

家具と壁の間には、ほこりも貯まりやすいですから、細目に掃除出来て便利ですよ。

このように、家具配置の際には、出来るだけ壁にぴったりと家具をくっつけない様に配置することがおすすめ。

10センチ程度は隙間を空け、カビ対策、掃除対策を行っていきましょう。

そうすれば、より過ごしやすい環境を作ることが出来ますよ。





飾り物がある場所

部屋作りにこだわっている方の中には、様々なアイテムを取り入れて部屋作りをしている方も多いと思います。

趣味の小物を上手に飾っている方もいるでしょう。

しかし、こういった飾り物をしている方は、注意が必要。

では、家具配置の際に注意したい飾り物について、ご紹介しましょう。

実は、家具というのは見た目では分かりませんが、日々劣化しているもの。外から入ってくる紫外線でも劣化してしまいますし、部屋についている蛍光灯などでも、少しずつ家具は変色などを起こしていることになります。

ということは、大切な家具の上に飾っている飾り物などの影響により、そのまま変色してしまう可能性があるということ。

飾り物の形が残り、変色してしまえば家具は不自然な状態となってしまうでしょう。

写真立てや花などを飾っている方もいると思いますが、いつも同じ位置に置いていると、その場所だけ元の色が残り、周りだけがどんどん変色してしまうことになります。

「どうしたら、こういった不自然な変色を防げるのだろう?」と思われる方もいると思いますが、出来るだけ置物の位置を細目に変えることがおすすめ。

掃除の際に、拭きながら少しずつ配置場所を変えていくことで、同じ部分だけくっきりと跡として残ることはなくなるでしょう。

このように、飾り物などをしている方は、家具にその跡が残らない様にすることも大切。

家具は、日々劣化している物と考え、普段からお手入れをしていくことも大切となります。





家具のおすすめ~家具のカラーで部屋のバランスを整える~

部屋のベースカラー

「どうして、うちはこんなにまとまりのない部屋なんだろう?」と思っている方もいると思います。

好きな物だけを集めている方は、統一感がなくなってしまい、部屋の印象がバラバラになっている方もいるでしょう。

では、部屋のバランス作りに欠かせない、部屋のベースカラーについて、ご紹介しましょう。

まとまりのある部屋作りをするためには、まずはベースカラーを決めていくことが必要。

ベースカラーは、部屋の多くの範囲を締めているカラー。

例えば、今お住まいの部屋の壁や床が白という場合には、白がその部屋のベースカラーとなります。

日本の住宅では、一般的に城をベースカラーとしているところが多いでしょう。

他には、ブランン系やアイボリー系などがベースカラーとなっているところもあると思います。

部屋作りをする際には、まずはお住まいの家のベースカラーを理解しておくことが必要。

そして、このベースカラーに合わせて、家具の色合いなどを選んでいくことで、まとまりのある部屋作りをすることが出来ますよ。

白がベースカラーとなっている場合には、明るい雰囲気を作り出すことが出来るでしょう。

ライトブランの場合には、温かみのある部屋作りが出来るでしょう。

ダークブラウンの場合には、落ち着いた雰囲気にすることが出来るのではないでしょうか。

このように、部屋作りをするためには、まずはベースカラーを知ることが大切。

ベースカラーが分かれば、そのカラーに合わせた家具選びをすることで、まとまりある部屋作りが出来ますよ。





部屋のテーマカラー

「落ち着く部屋作りをしたい」と考えている方は、「どうすれば、部屋にまとまりが出来るのだろう?」と思っている方もいると思います。

「どうして、この部屋は落ち着かないのだろう?」と思っている方もいるかもしれませんね。

では、部屋作りの欠かせないカラー、テーマカラーについて、ご紹介しましょう。

部屋作りをする際には、部屋のベースカラーを理解しておくことが必要。

そして、そのカラーの合わせて、自分の好きな色をテーマカラーとして決めていくことで、まとまりのある部屋となります。

例えば、ベースカラーが白の場合。

「茶色を、テーマカラーにしたい」と考えた場合には、カーテン、家具を茶色にしていくことで、統一感のある部屋にすることが出来ます。

茶色といっても、様々な色合いがありますから、出来るだけ同じ系統の色合いを選んでいきましょう。

ソファーやカーテンなどは、色の範囲が大きくなりますから、このテーマカラーに合わせることで、かなり部屋に雰囲気を変えることが出来ますよ。

「明るい部屋にしたい」と考えている方であれば、赤などをテーマカラーとして、ソファーなどに取り入れることで、かなりインパクトのある部屋作りが出来ますよ。

「出来るだけ、様々な色を使いたい」と考えている方は、同系色の色を選ぶことがポイント。

このように、部屋作りをする際には、部屋のテーマカラーを決めておくと、家具選びもスムーズに行うことが出来ますよ。

テーマカラーは、好きな色合いを選ぶことで、落ち着く部屋作りが出来るでしょう。





部屋のアクセントカラー

「部屋の家具を、同系色で揃えたけれど、なんだかぼやけた雰囲気になってしまう」と感じている方もいると思います。

確かに、同系色で揃えた家具などは、統一感はありますが「なんだか、物足りない」と感じることもあるでしょう。

そんな時には、アクセントカラーを取り得ると、メリハリのある雰囲気を作れますよ。

では、部屋のアクセントカラーについて、ご紹介しましょう。

アクセントカラーは、部屋の5パーセント程度に取り入れることでメリハリを持たせることが出来ます。

「どういったところに、アクセントカラーを取り入れると良いのだろう?」と思われる方もいると思いますが、出来ればクッションや小物などに取り入れると良いですよ。

「どういった色合いを選べば良いの?」と思われる方もいると思いますが、アクセントカラーとして取り入れる際には、ベースカラーやテーマカラーとは、反対色を取り入れるか、類似色から選ぶことがおすすめ。

反対色を取り入れれば、お互いの色を引き立たせてくれますし、落ち着きあるイメージにすることが出来ます。

類似色の場合には、とても馴染みやすい色合いとなるでしょう。

このように、部屋作りをする際には、アクセントカラーを上手に取り入れることもおすすめ。

クッションなどは、ちょっと派手目なカラーを選ぶことで、部屋のアクセントとなりメリハリもつけやすくなりますよ。

小物であれば、思い切った色合いにチャレンジすることも出来ますから、ぜひ試してみてくださいね。





家具のおすすめ~上手な家具選び~

家具の高さ

「家具選びをする際には、どういった物を選んでいけば良いのだろう?」と思っている方も多いと思います。

多くの方は、「出来るだけ、長く使えるものを選びたいから、後悔しないものを選びたい」と考えているのではないでしょうか。

では、家具選びの際に確認しておきたい、家具の高さについて、ご紹介しましょう。

家具には、様々な高さがありますよね。

例えば、テーブルでも高さによってはかなり部屋の印象が変わってきます。

「出来れば、落ち着ける雰囲気の部屋作りにしたい」と考えている方であれば、低めの家具を揃えることがおすすめ。

木製の家具を選ぶことで、より部屋に温かみを与えることが出来、「ゆっくりと過ごせる」と感じる部屋作りが出来るでしょう。

日本人にとっては、こういった低い姿勢での生活というのは、とても親しみがありますから、自分の部屋をこういったスタイルにすることで、寛げる空間を作ることが出来るでしょう。

目線を下げることで、上に大きな空間を作ることが出来ますから、部屋をゆったりとした印象に変えることも出来ますよ。

「出来れば、和のテイストを取り入れた部屋作りをしたい」と考えている方にとっては、この目線の低いスタイルというのはとても理想的なスタイルになるはず。

このように、家具を選ぶ際には、家具の高さなども考えながら選んでいくと良いですよ。

統一感を出すためには、家具の高さも大切ですから、それぞれの家具の高さなども確認しながら選んでいきましょう。





部屋を広く見せる

一人暮らしをしている方の中には、「部屋が狭くて、圧迫感を感じている」という方も多いと思います。

狭いスペースに、様々な家具が置かれれば、更に狭さを感じてしまいますよね。

では、こういった時には、どういった家具を選んでいけば良いのか、ご紹介しましょう。

部屋を少しでも広く見せるためには、視線を下げた家具選びがポイント。

高さのある家具を配置すれば、それだけ空間が少なくなってしまいますから、より狭く感じてしまうでしょう。

しかし、低めの家具を選べば、上に空間を作ることが出来、狭さをカバーすることが出来るんですよ。

テレビ台やオーディオ台なども低めの家具を選んでおけば、圧迫感を失くすことが出来ます。

ソファーも、出来るだけ低めのものを選ぶことで、視線を下げることが出来、スペースを有効的に利用することが出来ますよ。

中には、「天井が低くて、より狭く感じる」という方もいると思いますが、天井が低い場合には壁に縦ラインのストライプなどの飾りを設置することで、高さを出す効果がありますよ。

低い家具を揃えると、部屋の中に解放感が広がり、狭さを感じることはなくなります。

一人暮らしの方は、こういった工夫をすることで快適な部屋作りが出来ますよ。

このように、「部屋が狭い」と感じている方は、家具選びを工夫することで、その狭さから解放されます。

上手に家具を選んでいけば、どういった部屋でも快適な部屋作りが出来るはず。

狭さが気になっている方は、ぜひ試してみてくださいね。





安らぐ空間作り

「仕事から帰ってきても、なぜか部屋で安らぐことが出来ない」と感じている方もいると思います。

「せっかく自分の部屋なのに、どうして安らげないのだろう?」と思っている方もいるかもしれませんね。

そういった方は、部屋作りに工夫が必要かもしれませんよ。

では、安らぐ空間作りとは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。

仕事で疲れて帰ってくると、まずは体をゆっくりと休めたいですよね。

そのためには、脚をしっかりと伸ばせるスペース、寝転がってゴロゴロと出来るスペースが必要。

テレビを観る時には、クッションなどがあれば、よりリラックスした時間を過ごすことが出来るでしょう。

「狭いスペースに、ソファーを置いているから、そんなスペースがない」という方は、そのソファーが邪魔しているかもしれませんね。

スペースがないのであれば、座椅子などを取り入れるだけでも十分座るスペースを作ることが出来ます。

すぐに避けることも出来ますから、気軽に利用することも出来ますよね。

お友達などを呼んだ時には、クッションなどに座りながら会話を楽しむことが出来ますから、より親密な話なども行いやすくなりますよ。

このように、安らぐ空間を作るためには、体をゆっくりと寛げる空間があることが大切。

無理にソファーなどを設置している場合には、そのソファーがネックとなっていることもありますので、一度部屋作りを見直してみると良いですよ。

床でゴロゴロ出来るスペースというのは、とても安らぐ空間となりますよ。





自由自在の空間

一人暮らしをしている方も、ご家族で暮らしている方も、「よく、家にお客さんが来る」という方も多いと思います。

「お客さんが来ると、部屋の中がいっぱいになってしまって、なかなか思ったようなおもてなしが出来ない」と感じている方もいるでしょう。

そんな時には、自由自在な空間があると便利ですよ。

では、自由自在な空間とは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。

普段、生活をする際には、それぞれご家族の人数なども決められていますから、人数分が利用出来るテーブルを設置していたり、椅子などを設置している方が多いと思います。

しかし、数が決まっていると、お客さんが来た時に足りなくなってしまうことがありますよね。

こんな時には、自由自在に利用出来るテーブルなどを選んでおけば、とても便利に活用することが出来ます。

普段は、家族分の料理がのるテーブルが、お客さんが来たときだけスペースを伸ばすことが出来、たくさんの料理をのせることが出来ます。

椅子が必要なテーブルでは、お客さんの人数に合わせる必要がありますから、出来れば足の低いテーブルを準備しておくと良いですよ。

テーブルが低ければ、座布団やクッションなどで代用することが出来ますからね。

このように、お客さんが多い家の場合には、自由自在に利用出来る家具などを取り入れ、様々な対応が出来る空間作りがおすすめ。

低めのテーブルであれば、人数なども決められませんから、とても利用しやすいはずですよ。





自然も取り入れる

家具選びをする際、「出来るだけ、都会的な部屋作りをしたい」と考え、メタリックな家具などを取り入れている方もいると思います。

特に、男性の場合には、こういったスタイルを目指している方も多いでしょう。

しかし、部屋作りをする際には、自然も取り入れることがおすすめ。

では、どの様に自然を取り入れれば良いのか、ご紹介しましょう。

メタリックな家具ばかりを揃えている方であれば、観葉植物などを取り入れることも出来ますし、カーテンを選ぶ際に木製のブラインドを選んだり、麻素材のカーテンなどを選ぶと良いでしょう。

これだけでも、部屋の雰囲気を変えることが出来ますよ。

「落ち着く雰囲気の部屋作りにしたい」と考えている方であれば、自然素材で作られたアジアンテイストの家具などを取り入れるのも良いでしょう。

東南アジアなどの家具は、高温多湿の気候で育った素材で作られている物が多いですから、とても暖かみがあり、強い家具を取り入れることが出来ますよ。

自然素材で作られた家具を取り入れると、とても心落ち着く部屋作りが出来ますからね。

部屋作りをする際には、自分の好みの部屋にすることも大切ですが、出来れば日頃の疲れなどが取れる様な、リラックスできる空間作りを目指すことも大切。

その際には、自然のものを取り入れることがおすすめ。

観葉植物を取り入れるだけでも、かなり部屋に温かみを与えることが出来ますから、ぜひあなたの部屋にも取り入れてみてくださいね。





統一感を持たせる

「どうして、うちの中はおしゃれな雰囲気がないのだろう?」と感じている方もいると思います。

「確かに、それほどこだわりなく家具を選んできたけれど、どうしてこんなに落ち着かないのだろう?」と思っている方もいると思います。

そんな方の部屋は、統一感がない状態となっているでしょう。

では、上手な家具選びを行う際に欠かせない、統一感について、ご紹介しましょう。

家具には、様々な素材のものがありますし、デザインも様々ですよね。

例えば、「このデザインが好きだから、テレビ台はこれにしよう」とメタリックな家具を選んでいる方が、「キャビネットは、この木製のものにしよう」と木製の家具を選んでしまえば、ここで既に統一感がなくなってしまいます。

もちろん、色合いも大切。テレビ台は黒なのにもかかわらず、テーブルはブラン系、ソファーはグリーン系では、バラバラの印象となってしまいますよね。

「統一感を持たせるには、どうしたら良いの?」と思われる方もいると思いますが、まずはどういった部屋作りを理想としているのかを考えることが必要。

癒し系の部屋にするのであれば、木製のもので統一することが必要ですし、都会的な部屋作りを目指すのであれば、メタリックなもので統一すると良いでしょう。

色合いも、同じ様な色合いでまとめることも大切。

このように、部屋作りをする際には、統一感を持たせた部屋作りが必要となります。

「どうしたら良いのか、分からない」という方は、まずはどういった雰囲気にしたいのかを考えていきましょう。





スペースの作り方

「部屋が狭くて、快適な部屋作りが出来ない」と感じている方もいると思います。

部屋の大きさは、引越をする以外に変えることはできませんから、自分で工夫をしていくことが必要。

では、どの様にスペース作りを行っていけば良いのか、ご紹介しましょう。

まず、少しでも部屋を広く見せるためには、出来るだけ床部分を大きく見せることがポイント。

ということは、あまり物を置かないことが大切となるでしょう。

必要最低限の家具だけを利用することが必要。

そして、更に部屋の雰囲気を広く感じさせるためには、テーブルなどの上に、あまりものを乗せないこと。

テーブルの上などは、すぐに目に着く場所ですから、ここにたくさんの荷物が乗せられていると、それだけでも圧迫感を感じてしまいますからね。

収納もしっかりと行えば、より部屋を広く見せることが出来るでしょう。

また、膨張色などを取り入れることも、部屋を広く見せるポイント。

白は、膨張色となりますから、家具などもホワイト系で揃えると圧迫感を抑えることが出来るでしょう。

部屋には、ラグなどを敷いている方も多いと思いますが、ラグを選ぶ際には部屋のスペースぴったりのものを選ぶのではなく、小さ目のラグを選ぶこともポイント。

そして、部屋の角には観葉植物などを取り入れることで、部屋の圧迫感を抑えることが出来ますよ。

このように、部屋を少しでも広く見せるためには様々なテクニックがありますので、ぜひ試してみてくださいね。