株式投資の始め方・おすすめ~株初心者に必要な知識・証券会社の選び方・株取引に必要な知識・人気の証券会社・株初心者の注意~





株式投資 始め方 おすすめ

株式投資の始め方・おすすめ~株初心者に必要な知識・証券会社の選び方・株取引に必要な知識・人気の証券会社・株初心者の注意~

貯蓄をしている方の中には、「もっと、効率的に増やしていく方法はないだろうか?」と思っている方も多いと思います。

今では、銀行などに預けていても「金利は、当てにできない」と思っている方も多いと思います。

「株投資などには興味があるけれど、株の知識もないから、難しいだろう」と諦めている方も、多いのではないでしょうか。

株に興味があっても、なかなかチャレンジ出来ないという方もいるでしょう。

しかし、株投資は誰でも最初は初心者。

知識がないから、無理だろうと諦めずに株投資にチャレンジしてみませんか。

株投資にチャレンジする際には、まずは最低限の知識を得ることが必要。

こちらでは、株初心者の方に必要な知識をご紹介していますから、参考になるはずですよ。

これらの基礎知識があれば、誰でも株投資ははじめられますよ。

ただし、株投資をはじめる際には、リスクがあることも忘れてはいけません。

特に、初心者の方は大きな額を投資してしまうと、大きなリスクを受けることもありますから、まずは少額投資からスタートすることがおすすめ。

株取引に慣れ、少しずつ株の知識を得てから、投資額を増やしていくと良いですよ。

株投資をすると、配当金などの楽しみだけではなく、株主優待などの楽しみもありますから、預金よりも楽しみながら資産を増やしていくことが出来る様になりますよ。

株主だけが受けることの出来る特典というのは、優越感に浸ることも出来ますからね。

株に興味はあるけれど知識がないから出来ない方、少しでも資産を有効的に運用していきたいと考えている方は、こちらで株についての知識を身に着けて、株投資にチャレンジしてみませんか。

株取引を行っていくと、今まで以上に世の中の動きなどにも敏感になりますから、生活なども少しずつ変わってきますよ。

こういった楽しみを味わいながら、株投資をしていくのも株投資の魅力。

迷っている方は、ぜひこの機会にはじめてみませんか。





株式投資の始め方・おすすめ~株初心者に必要な知識~

株とは?

ニュースなどを見ていると、株取引のニュースなどが流れていますよね。

株という存在は知っていても、どういったものなのか、理解出来ていない方も多いのではないでしょうか。

では、そもそも株とはどういったものなのか、ご紹介しましょう。

大手の会社などでは、多くの株主の方がいますが、この株はどういった目的で所有しているかというと、「ここの会社は、これから伸びそうだから、使っていない資金を会社の資金として投資する代わりに、利益が上がったら、その分を戻して」というシステム。

会社を設立する際などには、資金繰りに苦労しますよね。

そんな時、「そのアイディアは、良いアイディアだから、私が資金を出すからやってみなよ」といった具合で、その資金により会社を設立し、商品の開発や販売などを行っていくことになります。

そして、その商品が売れた場合には、会社の利益が大きく増えることになりますから、資金を出してくれた方に、お返しをするようなもの。

しかし、その商品が必ず売れるとは限りません。売れなくなり、最初に出したお金がマイナスとなってしまうこともあります。

株を持つということは、リスクも伴うということ。

株投資をする際には、それぞれがその企業が成功するであろうことを見越して、投資を行っていくことになります。

資産を増やすためではなく、「この企業に、頑張って欲しい」と思う企業があれば、そういった会社の株を選ぶのも良いでしょう。

このように、株はその企業のオーナーの一人になるということ。

リスクがあることは当然、理解した上ではじめる必要があるでしょう。





配当とは?

「どうして、株投資をすると儲かるの?」と思っている方もいると思います。

投資をするというのは分かっていても、どうしてプラスとなるのか、分からない方も多いでしょう。

では、株投資をした際の儲けとなる、配当についてご紹介しましょう。

株投資をする際には、自分の資産を企業に託すことになりますよね。

そして、その企業はその資産を元に、運営を行っていくことになります。

運営を行っていく際、企業に利益が出たとします。

そうなれば、今までよりも企業の資産は増えることになりますよね。

その増えた分の資産は、それぞれの株主の方へお礼として戻すことになります。

これを、配当金と言います。

この配当金は、それぞれの企業の儲けによって額が変わってきます。

どのくらい投資しているかによっても、配当金は変わってくることになります。

しかし、実際には配当金としてお金を払っていない企業もあります。

それは、無配当と呼ばれているもの。

企業は、これから先更に成長するための設備投資などとして、この儲けを利用することになります。

その後、企業がどんどん成長をしていき、還元を行うことが出来るようになれば、配当を増配して支払うことになります。

このように、株で儲けを得る際には、配当金による儲けがあります。

「少しでも、資産を増やすために、株投資をはじめたい」と考えている方は、これから先も業績が良くなるであろう企業に、投資していくことが必要。

どこに投資するかによって、資産を増やせるかどうかが変わってくることになります。





利益について

「株投資について、色々知りたいと思っている」という方も、多いと思います。

そんな方の中には、「株投資で、利益が出るというのは、どういった時なんだろう?」と思っている方もいると思います。

株初心者にとっては、どういったことで利益に繋がるのか分からない方も多いでしょう。

では、株投資の際の利益について、ご紹介しましょう。

株投資で利益を得るタイミングとしては、企業の業績が上がり、配当金が出た時。

そして、株の売買のタイミングにより、利益を得ることが可能となります。

配当金に関しては、それぞれの決算時期などにより配当金が決定されることになりますが、売買のタイミングなどは、自分次第。

例えば、購入した時に10万円だった株がどんどん上がり、20万円になったとします。

この時、その株を売却すれば、単純に10万円の利益が出ることになります。

逆に、株価が下がり、8万円となってしまった場合には、2万円損をしてしまうことになります。

ということは、利益を得るためには、売買取引などをタイミングよく行っていくことが大切ということ。

株価が上がると、「もっと、上がるかもしれない」と思い、なかなか手放すことが出来ないでしょうし、株価が下がってくると「すぐにでも、手放した方が良いだろう」と思われると思いますが、その後株価は変化しますから、上がる可能性もありますし、下がる可能性もありますので、そのタイミングを見計らっていくことが必要。

このように、株投資で利益を得るためには、配当金と売買取引により、利益を得ることが可能となります。





株主優待について

株投資をはじめたいと考えている方は、「少しでも、資産を増やしていければ良い」と思いっている方も多いと思います。

確かに、1万円でも株投資をすることで利益を得ることが出来れば、貯金をしているよりはお得ですよね。

しかし、株投資をする際には、利益だけを得られるわけではありませんよ。

では、株投資のメリットのひとつ、株主優待について、ご紹介しましょう。

株主優待とは、どういったものかというと、株主しか受けることの出来ないそれぞれの企業のサービスを受けることが出来ます。

「どんなサービスを受けられるの?」と思う方も多いと思いますが、株主優待は企業によって異なります。

例えば、飲食店などを行っている企業であれば、そのお店のお食事券や割引券などをもらうことが出来ます。

百貨店やスーパーなどの店舗がある企業であれば、そのお店で使える割引券などをもらうことが出来るでしょう。

自社製品などを開発、販売している企業であれば、その企業の商品などをもらうことも出来ます。

ということは、良く利用するお店などがある方の場合には、そのお店の株を選ぶことで、割引券などをもらうことが出来るというメリットがあるということ。

このように、株投資を行っていく際には、利益というメリットだけではなく、株主優待という嬉しいメリットもあります。

「どの株にしよう?」と迷っている方は、良く利用しているお店などの株を選ぶのも良いですよ。





リスクについて

資産を増やしたいと考え、株に興味を持っている方も多いと思いますが、「株は、リスクがあるから怖くてはじめられない」と感じている方もいると思います。

特に、個人投資家の方は、個人の資産が減ってしまう可能性がありますから、なかなか株に手を出せないという方も多いでしょう。

では、株にはどういったリスクがあるのか、ご紹介しましょう。

株投資をする際には、みなさんそれぞれの予算で株投資を行っていくことになります。

当然、大きな額の投資をすれば、それだけリスクも大きくなることになります。

その企業の業績が悪くなってしまったり、株価が下がってしまえば、大きな損をしてしまうことになるでしょう。

しかし、必ずしも損をするわけではありません。

例えば、30万円分の株投資をはじめようと思った時、30万円を1社に投資するのではなく、10万円ずつ3社に投資するという方法を行うことで、リスクを小さくすることが出来ます。

また、大きな額を投資するのではなく、小さな額から投資をはじめることで、大きなリスクは未然に防ぐことが出来るでしょう。

株投資を行う際には、上手に運用をしていくことで、リスクも防ぐことが出来るということ。

このように、株投資にはリスクはありますが、運用次第でリスクを未然に防ぐことも可能となります。

「リスクがあるから、株はしない」という方も、小さな額から少しずつ株投資にチャレンジしてみませんか。

小さな額であれば、楽しみながら投資を行うことも出来ますよ。





株価とは?

「株価って、どうして毎日変動しているのだろう?」と思っている方も多いと思います。

株初心者にとっては、株の動きなどを不思議に思っている方も多いでしょう。

では、株価はどのようにして決められているのか、ご紹介しましょう。

まず、株取引というのは毎日行われていることになります。

全国区で行われており、一般公開されていることで、誰でも参加することが出来ます。

こういった取引が行われている株を、上場株と呼んでおり、株を所有している人、株が欲しい人により取引が行われていることになります。

オークションなどを思い浮かべると、イメージしやすいかもしれませんね。

「この株を売りたい」と所有者が売却をします。

すると、「この株を、1万円で買いたい」という人や「1万5千円で買いたい」、「2万円で買いたい」という人などが現れます。

売却したいと考えている方は、当然儲けが欲しいですから「2万円で購入してくれる人に、売却しよう」と話が進められることになります。

現在の所有者は、この株を購入する際8,000円で購入していたとすると、単純に1万2千円の儲けを得ることが出来ます。

こういった取引が全国で行われ、それぞれの株価が変動していくことになります。

当然、人気のある株は株価が上がっていきますし、人気のない株は株価が下がることになります。

このように、株価は毎日の株取引などにより、変動することになります。

株取引を行う際には、こういった動きもチェックしながら運用していくことが大切となります。





株の売買について

「株価は、取引などにより変動していくのは分かったけれど、株の取引きってどんな風に行われているのだろう?」と思っている方も多いと思います。

まだ、株投資を行ったことがない方にとっては、どういった方法で売買をしているかなど、分からない方も多いですよね。

では、株の売買について、ご紹介しましょう。

まず、株取引を行う際には、必ず証券会社による口座が必要となってきます。

この口座は、銀行口座のような役割を果たしており、購入の際にはここから支払い株を購入することになりますし、利益を得た際にはこの口座に利益が入ることになります。

株取引を行う際には、まずは株を購入することになりますが、その際は証券会社の口座、もしくは提携をしている銀行から振込みを行い、株を購入することになります。

銀行などと提携していない場合には、証券会社が用意している専用の銀行口座に振り込みを行うことになります。

証券会社の口座は、口座開設料金などはかかりませんから、気軽に作ることが出来ますよ。

株売買を行う際には、手数料などがかかることになりますから、「細目に取引を行って、資産を増やしたい」という方は、それぞれの証券会社の手数料などを比較しながら、開設する口座を決めていくことが大切となります。

手数料といっても、数が多くなれば負担が大きくなりますからね。

このように、株の売買を行う際には、証券会社の口座を通して行っていくことになります。

口座開設がまだの方は、まずは口座開設からはじめましょう。





株売買の手数料

みなさんは、通販などを利用して買い物をしたことはありますか。

その際、振込用紙などを使って、支払いをした経験がある方も多いと思います。

こういった購入をすると、普段の買い物ではかからない、振込手数料などがかかりますよね。

実は、株の売買を行う際にもこういった手数料が発生するんですよ。

では、株取引の際に必要となる手数料について、ご紹介しましょう。

株取引を行う際には、証券会社の口座を通して進めていくことになりますが、儲けなどが出た場合、丸々儲けとなるわけではなく、手数料を支払う必要があります。

ということは、例えば10万円で購入した株が12万円で売却出来た場合。

通常であれば、「2万円の利益が出た」と思いますよね。

しかし、実際にはここで手数料が発生することになります。

手数料は、各証券会社によって異なりますが、例えば105円の手数料の証券会社であれば、利益は19,895円となります。

手数料が、1,050円の証券会社を利用している場合には、利益は18,950円ということになります。

これだけでも、945円の差が出ることになります。

ということは、口座開設の際には手数料チェックは欠かせないということ。

特に、細目な取引を行っていこうと考えている方は、手数料の負担がそれだけ大きくなりますから、必ずそれぞれの証券会社の手数料を比較しながら選んでいくことが必要となります。

このように、株取引を行う際には手数料が発生します。

利益を少しでも増やすためには、手数料設定が低い証券会社を選ぶことがポイントとなります。





単位株数とは?

これから株投資をはじめてみようという方は、慣れていないうちは少額投資からはじめようと考えている方でしょう。

株初心者の方は、まだ取引の知識なども少ないですから、慣れるまでは少額な投資が安全ですよね。

では、株投資の際に必要となる知識のひとつ、単位株数について、ご紹介しましょう。

「どの株を選ぼう?」と考えている方は、「出来るだけ、株価の低いものを選ぼう」と考え、株価ばかりをチェックしている方も多いと思います。

しかし、株価1,000円の企業の株は、1,000円あれば投資が出来るとは限りません。

それは、それぞれ企業により単位株数が設定されているため。

例えば、1,000円の株価の企業が単位株かが100株となっている場合には、最低でも10万円の投資が必要になるということ。

また、購入の際には手数料もかかることになりますから、10万円以上の費用がかかることになります。

この単位株かは、1株単位で購入出来る企業もあれば、10株単位、100株単位、500株単位と様々な設定となっています。

そのため、株を購入する際には、株価だけではなく、この単位株数も確認しなくてはいけません。

1株単位からOKの企業であれば、お小遣い程度の額から投資が出来るということになりますから、株初心者にはおすすめですよ。

このように、株を購入する際には、単位株数の確認も忘れてはいけません。それぞれ、使える予算が異なると思いますから、その予算内で投資できる株を選びましょう。





ミニ株とは?

株投資には興味はあるけれど、「そんなに、投資出来る費用がない」という方もいると思います。

「投資したいけれど、予算が少ない」という方もいるでしょう。

そんな方は、ミニ株からはじめてみませんか。

では、ミニ株とはどういったものなのか、ご紹介しましょう。

ミニ株は、それぞれの企業で設定されている単位株数の10分の1の株数で取引を行うことの出来る、とてもリスクの少ない株。

「少額から、株をはじめてみたい」と考えている方にとっても、おすすめの株投資となります。

しかし、ミニ株投資する際には、様々なルールがありますので、そのルールに基づいた取引を行っていくことが必要となります。

まず、ミニ株の場合には、成行注文しか行うことが出来ません。

また、買値については、注文した翌日の寄り値となります。

また、このミニ株の取引きは、どこの証券会社でも行えるのではなく、限られた証券会社でしか行うことが出来ず、銘柄なども限られてきます。

「少額でも取引が出来るのであれば、ミニ株にチャレンジしてみたい」、「まずは、株取引の勉強のために、ミニ株からはじめてみたい」という方は、ミニ株取引が可能な証券会社の口座を開設することからはじめましょう。

ミニ株であれば、リスクも少ないですから初心者にも安心して取引を進めることが出来るでしょう。

株を実際に運用しながら、学びたいという方にとっても、ミニ株であれば気軽にチャレンジすることが出来ますよ。

予算が増えたり、経験を積んでから、一般の株に進んでも良いでしょう。





株式投資の始め方・おすすめ~証券会社の選び方~

特定口座・一般口座について

株取引をはじめてみようと考えている方は、最初は口座を開設からだと思いますが、口座開設をする際には、はじめての証券会社での口座開設ですから不安でいっぱいですよね。

では、口座開設を行う際の知識として必要となる、一般口座と特定口座について、ご紹介しましょう。

証券会社で口座を開設する際には、登録の際に個人情報などを入力することになりますが、その時には一緒に口座のタイプを選んでいく必要があります。

それが、一般口座か特定口座となります。

「どう違うのだろう?」と思う方も多いと思います。

まず、一般口座を開設し株取引により利益を得た場合には、利益が出れば自分で確定申告を行う必要があります。

「仕事は今まで通り続け、株取引はタイミングを見て行いたい」と考えている方にとっては、良いかもしれませんね。

そして、特定口座には2種類あり、源泉徴収があるタイプとないタイプがあります。

源泉徴収がある場合には、株取引で利益が出た場合には、あらかじめ税金分が引かれた状態で振り込まれることになりますので、自分で確定申告などの手続きを行う必要はありません。

源泉徴収がないタイプは、年間の取引報告書を送付してくれるものとなり、計算などに必要はありませんが、自分で確定申告を行う必要があります。

このように、口座には種類がありますから、それぞれの取引状況によっても利用しやすい口座が変わってきますので、じっくりと考えて選びましょう。





口座の開設について

証券会社の口座開設を予定している方の中には、「どんな流れで、口座開設が出来るのだろう?」と思っている方もいると思います。

中には、「急いで、口座を作りたい」という方もいるでしょうから、手順などを事前に知りたいという方も多いでしょう。

では、証券会社の口座開設について、ご紹介しましょう。

まず、口座開設を行う際には、希望の証券会社に資料請求を行うことが必要となります。

通常、証券会社の2営業日、3営業日程度で届けられることになりますが、中には10日程度かかるところもありますので、余裕を持った請求を行う様にしましょう。

口座開設の際には、審査などは行っていませんので、誰でも開設することが可能となります。

そして、その後口座開設キットが届くことになりますから、そのキットを使いながら口座開設の方法などをマニュアルなどで確認することが出来ます。

その後、口座開設申込書や本人が確認出来る書類などを、証券会社に送付することになります。

書類が証券会社に到着し、不備なく手続きが進められれば、その後取引に必要となる情報が書かれた書類が届くことになります。

この中には、取引に必要となるIDなどが書かれていますから、大切に保管しておきましょう。

必要書類が届けば、あとはログインをすれば取引をスタートすることが出来ます。

分からない場合には、事前に届けられたマニュアルなどを参考に進めていくと良いですよ。

このように、口座開設までには多少時間がかかりますので、余裕を持って進めていきましょう。





証券会社を選ぶには

「証券会社の口座を開設しようと思っているけれど、どこの証券会社を選んだら良いのか、迷っている」という方も多いと思います。

特に、株初心者の方にとっては、どういった証券会社が良いのか、分からないという方も多いでしょう。

実際に取引を行ってみなくては、分からない部分もありますからね。

では、証券会社を選ぶ際には、どういったポイントを抑えれば良いのか、ご紹介しましょう。

まず、株取引を行う際には、必ず手数料という費用が発生することになります。

この手数料は、証券会社によって異なってくるため、各証券会社の手数料などを比較してみると良いでしょう。

「こんなに、手数料って違うんだ」と驚く方もいるかもしれませんね。

特に、マメに取引を進めていきたいと考えている方は、手数料のチェックは欠かせませんよ。

また、各証券会社で提供しているサービスなども事前にチェックしておきましょう。

ログイン方法や扱っている商品、投資の情報など細かくチェックしていくことをおすすめします。

また、ホームページ上で利用出来るデーターの確認サービスなども確認しておくと良いですよ。

株初心者の方にとっては、株の状況や分析などをするのは難しいと思いますから、こういったサービスがある証券会社であれば、より分かりやすく取引を進めることが出来ますからね。

このように、証券会社を選ぶ際には、各証券会社の情報を見比べながら選んでいくことが必要となります。

1社に絞るのではなく、数社の情報を確認していきましょう。





ネット証券について

証券会社を選んでいる方の中には、「ネット証券って、どうなんだろう?」と思っている方もいると思います。

「一般の証券会社とは、どう違うのだろう?」と疑問に思っている方もいると思います。

では、ネット証券とはどういったものなのか、ご紹介しましょう。

まず、一般の証券会社の場合には、証券会社の窓口がありますよね。

口座開設の際には、窓口に直接出向いて、手続きを進めていきたいと考えている方もいると思います。

しかし、ネット証券の場合には、こういった窓口はありません。

店舗を持っていないことになりますから、インターネットを通した手続きのみとなっています。

ネット証券のメリットとしては、店舗を持たないことで、店舗維持費や人件費などを抑えることが出来るため、非常に手数料の設定が低くなっています。

「少しでも、手数料は払いたくない」という方にとっては、とても利用しやすい証券会社といえるでしょう。

しかし、株初心者の方は「詳しい人に、相談してみたい」、「こういった時は、どうすれば良いの?」と不安になることもあると思います。

一般の証券会社であれば、そういった不安点や疑問点などを証券会社のスタッフに確認することも出来ますから、安心といえるでしょう。

このように、ネット証券は店舗を持たない証券会社となっており、手数料設定などが低くなっています。

選ぶ際には、自分にとってはどういったことを重視して利用したいのかを考え行くと、自然とどちらが良いのか分かりますよ。





証券会社について

証券会社の口座開設をする際には、「何を重視して、選ぼう?」と考えている方もいると思います。

手数料を重視しようという方もいれば、サービスを重視して選びたいという方もいるでしょう。

では、証券会社について、ご紹介しましょう。

「証券会社の手数料は、そんなに違うの?」と思われる方も多いと思います。

例えば、証券会社による手数料を比較してみると10万円未満の取引の場合には、0円というところから、1,575円というところがあります。

これだけでも、かなりの差があるのが分かりますよね。

300万円の取引を行うとなれば、更に差額が出ることになります。

630円という設定のところもあれば、17,892円というところもあります。

これだけ差があれば、手数料を比較しながらえらばなくてはいけないということが分かりますよね。

そして、サービスに関しては、特殊注文などもそれぞれ異なります。

特殊注文をしたいと考えている方などは、どこの証券会社であれば、連続注文が可能か、W指値は可能か、など確認しておいた方が良いでしょう。

そして、テクニカルチャートなども、各証券会社によって様々。

取引を行う際には、こういった情報を参考にしながら取引を行いたいと考えている方も多いと思いますから、しっかりと確認しながら選ぶ必要がありますよ。

このように、証券会社といっても、証券会社によっては手数料設定や行っているサービス内容が大きく変わってくることになります。

「どこも同じだろう」ではなく、それぞれの特徴を踏まえた上で選ぶことが必要となります。





株式投資の始め方・おすすめ~株取引に必要な知識~

約定について

株の取引を行う際には、株取引でしか使わないような用語などもあります。

株初心者の方にとっては、分からない用語も多いと思いますが、最低限でも覚えておく必要のある用語がありますよ。

では、その中のひとつ、約定についてご紹介しましょう。約定というと、なんだか難しい意味の様な気がしますが、単純に言えば株取引が成立したことを指します。

例えば、あなたが5株の買い注文を行ったとします。

その中でも、3株だけが契約成立となった場合には、3株のみが約定したということになります。

「残りの2株は、どうなるの?」と思われる方も多いと思いますが、残りの株に関しては、新たに売り注文が出た際に約定することになります。

こういったタイムラグがあると、「手数料って、どうなるのだろう?」と思われる方も多いと思いますが、こういったケースの場合には、手数料は1回分でOKとなります。

株取引を行う際には、この約定により利益を得たり、損をしたりすることになります。

「これ以上、株かが下がったら損をしてしまう」と思い、売却を行う際には損切りを行い、リスクを抑えることが可能となります。

ただし、こういった逆指値注文は行えない証券会社もありますので、注意が必要となります。

このように、株取引を行う際には様々な専門用語が出てきます。事前に、専門用語などは調べておくと取引がスムーズに進められますし、安心した取引が出来るようになりますよ。

分からないことが出てきたら、その都度調べることも大切となるでしょう。





値幅制限について

「株価は、毎日変動しているから、チェックが欠かせない」と思っている方も多いと思います。

所有している株価が下がってきている方は、「今日は、もっと下がってしまうかもしれない」と不安を抱えている方もいるでしょう。

では、株価の動きとなる、値幅制限について、ご紹介しましょう。

株価は変動するということはご存知の方も多いと思いますが、どこまでも上がったり、どこまでも下がる訳ではありません。

実は、株価というのは1日の動き幅が決められています。

その幅のことを、値幅制限と呼んでいます。どのように決められているかというと、終値が1,232円だったとします。

その翌日は、932円から1,532円という幅が最初から決められているということ。

「どうして、そんなことが決められているの?」と思われる方も多いと思いますが、これは投資家を保護することが目的。

突然、翌日に一気に株価が下がってしまえば、リスクがあまりにも大きくなりますよね。

逆に、株価がドンと上がってしまうと、「今が買い時だろう」と多額の株を購入してしまうこともあるでしょう。

そうなれば、後々大きな損をしてしまう可能性もあります。

そのため、値幅制限によりある程度の動き幅が決められていることになります。

ということは、値幅制限がありますから多少株価が上がっても、下がっても、焦らずに慎重に判断することが出来るということ。

下がったからといって、そのまま下がると決まったわけではありませんから、じっくりと検討していくことが大切となります。





ローソク足について

株取引をはじめると、「毎日、ニュースを欠かさずチェックするようになった」、「新聞を、見るようになった」という方も多いと思います。株価は、日々変化するものですから、動きを確認しておくことも大切ですよね。

では、株価の動きをチェックするために必要となる、ローソク足について、ご紹介しましょう。

株初心者の方にとっては、「ローソク足って、何?」と思われる方も多いでしょう。

ローソク足とは、日々の動きを表したもの。

例えば、今日はじめてついた値段は、始値。

今日の取引で、一番安い値段は安値。

今日の取引で、一番高い値段は高値。

今日最後に取引された値段は、終値と呼ばれており、これらの変化を表で表しているものを、ローソク足と呼んでいます。

このローソク足を見ることで、一日の素の株価の動きがすぐに判断出来るということになります。

一日の株価の動きを知ることで、「明日は、こんな風に動きそうだなぁ」という予測などを行うことが出来ますよね。

また、ローソク足は分単位で表されている分足や、週単位で表されている週足、月単位で表されている月足などがあります。

「出来るだけ、資産を増やしていきたい」と考えて、株投資をはじめた方にとっては、このローソク足はとても大切な情報源となるでしょう。

このように、株価取引の動きを確認するためには、ローソク足は欠かせないもの。

取引をはじめたら、ぜひこのローソク足をチェックしながら、取引の参考にしてみてくださいね。





移動平均線について

株取引をはじめると、「この株は、どんな風に動いているんだろう?」と気になりますよね。

この動きをチェックしておかなければ、損をしてしまうこともありますから、細目にチェックしていくことが必要となります。

では、株価取引の際にチェックしておきたい、移動平均線について、ご紹介しましょう。

移動平均線とは、どういったものかというと、あらかじめ決めた期間のうち、それぞれの終値を平均し、表にしたもの。

その表での線の動きが、移動平均線となります。

「今は、どういった株が人気なんだろう?」と思った時などは、こういった移動平均線をチェックすることで、判断することが出来ます。

株価のトレンドを見る際には、チャートパターンなどをチェックすることで見ることが出来ますが、それぞれの動きを線で見ることで、動きをすぐに確認することが出来ます。

移動平均線は、5日線や25日線などがあり、短い期間で見る場合には、トレンドは短くなりますし、長い期間で見る場合には、トレンドが長くなります。

そして、この移動平均線が株価を下から突き上げるポイント部分をゴールデンクロスと呼んでおり、上から突き上げるポイントをデッドクロスと呼んでいます。

このように、株価の動きをチェックする際やトレンドを知る際には、移動平均線を確認することになります。

最初のうちは、こういった株価の動きなども分からないことが多いと思いますが、取引を続けていくことで、この移動平均線などの大切さが分かっていますよ。





日経平均株・TOPIXについて

ニュースなどを見ていると、日経平均株価やTOPIXなどという言葉を聞くことがあると思います。

株取引などを行っていないと、こういったニュースなどには興味を持たないと思いますが、株投資をはじめると、こういったニュースも気になる様になるのではないでしょうか。

しかし、実際には日経平均株株価、TOPIXがどういったものか、分からない方も多いと思います。

では、日経平均株株価、TOPIXとは、どういったものなのか、ご紹介しましょう。

まず、日経平均株価はどの様に決められているかというと、東証1部上場企業の株価を、除数を使って計算したもの。

東証1部上場企業には、225社の代表的株がありますが、この225社だけではなく、様々案影響などを考え、日本経済新聞社により算出されているものとなります。

「日経平均株価は、正確なんだろうか?」と思う方もいると思いますが、算出の方法上、高い株価の影響を大きく受けやすいため、正確さに欠ける部分があります。

そして、TOPIXの場合には、東証1部上場企業の全銘柄の時価総額を基準として算出しているものとなります。

日経平均株価と似ている動きとはなりますが、算出方法が異なるため、出てくる数字が異なることになります。

このように、株価の動きをチェックする際などに確認する、日経平均株株価、TOPIXはそれぞれの方法で算出されていることになります。

それぞれの特徴などを知っておくと、これからニュースなどをチェックする際に見方が変わってくるはずですよ。





株式投資の始め方・おすすめ~人気の証券会社~

SBI証券について

証券会社を選ぶ際に迷う方も、多いと思います。

証券会社は、いくつもありますし、それぞれ内容が異なっていますから迷ってしまうのは当然ですよね。

では、口座数はナンバーワンとなっている、人気の証券会社SBI証券とは、どういった内容となっているのか、ご紹介しましょう。

まず、SBI証券は、元々大沢証券として証券業の登録を行った企業。

1998年に証券業の登録を行っています。

そして、その後99年にイー・と零度証券という名前に変更し、その後07年にSBI証券と合併し、SBIイー・と零度証券に変更。

08年には、現在のSBI証券という名前に変更しています。

SBI証券は、SBIホールディングスの完全なる子会社という扱いになっています。

サービスの内容として、株式売買手数用は10万円の場合には145円、30万円の場合には285円。50万円の場合には、285円となっています。

取り扱い商品としては、中国株や米国株、インドネシア株、シンガポール株、タイ株など様々な外国関連株を扱っています。

注文昨日としては、逆指値が利用可能。

スマートフォンは、iPhoneアプリ、androidアプリ、スマホ専用サイト、従来型の利用が可能となっています。

サイト昨日としては、気配情報やスクリーニング機能が可能。

このように、SBI証券では様々な機能も充実しており、株初心者の方にとっても利用しやすい証券会社となっています。

手数料も、低い設定となっていますから、細目に取引を行いたいと考えている方も利用しやすい証券会社といえるでしょう。

外国株式の扱いも多いですから、多くの方の選ばれるのも納得ですね。





GMOクリック証券について

「利用する証券会社は、出来るだけ費用がかからないところを選びたい」と考えている方も多いと思います。

株取引を行う際には、手数料などがどうしてもかかってしまいますから、こういった費用は抑えたいと考えている方も多いでしょう。

では、日本株や先物、FXなどの取引の際の手数料全てが業界最安水準となっている、GMOクリック証券を選んでみませんか。

では、GMOクリック証券とは、どういった証券会社なのか、ご紹介しましょう。

GMOクリック証券は、2005年にGMOインターネット証券として設立された証券会社となっており、07年にはGMOインターネットグループから独立を行い、クリック証券という名前に変更されました。

その後、2010年にはGMOインターネットグループの100パーセントの子会社になり、2011年にGMOクリック証券として名前が変更されています。

サービス内容としては、株式売買手数料に関しては10万円の場合には105円。

30万円の場合には、260円。

50万円の場合には、260円となっています。

扱っている商品は、制度信用取引、一般信用取引、IPO、日経225先物、日経225オプションなど。

サイト機能としては、気配情報やスクリーニングが可能。

注文機能としては、逆指値が可能となっています。

スマートフォンに関しては、iPhoneアプリとandroidoアプリ、従来型が可能となっており、スマホ専用サイトなどは利用出来ません。

このように、GMOクリック証券はとても手数料設定などが低い証券会社となっており、扱っている商品も多いですから、人気の高い証券会社となっています。





マネックス証券について

証券会社を選ぶ際には、「やっぱり、信頼出来る証券会社を選びたいから、大手の証券会社が良いなぁ」と感じている方も多いと思います。

そんな方は、大手のネット証券会社のひとつ、マネックス証券を選んでみませんか。

では、マネックス証券とは、どういった証券会社なのか、ご紹介しましょう。

マネックス証券は、1999年に設立された証券会社となっています。

2004年には、日興ビーンズ証券と経営統合を行い、東証マザーズにも上場している企業となります。

05年には、東証1部にも上場しており、2010年にはオリックス証券と合併し、現在のマネックス証券となっています。

サービス内容としては、株式売買手数料は、10万円の場合には105円。

30万円の場合には262円。

50万円の場合には、472円となっています。

取扱商品は、制度信用取引や一般信用取引、貸株、立会外分売、IPO、単元未満株、日経225先物、日経225オプションなど、幅広い商品を扱っています。

サイト機能としては、気配情報やスクリーニングが可能。注文機能に関しては、逆指値、OCO注文、往復注文、連続注文など、様々な注文機能があり、利用しやすくなっています。

スマートフォンに関しては、iPhoneアプリやandroidoアプリ、スマホ専用サイト、従来型の利用も可能となっており、多くの機種に対応しています。

マネックス証券では、資分析ツールも多くありますから、株初心者の方にとっても、投資経験がある方にとっても、利用しやすい証券会社といえるのではないでしょうか。





ライブスター証券について

証券会社を選ぶ際には、「とにかく、手数料を重視して選びたい」と考えている方も多いと思います。

手数料も、馬鹿になりませんから、手数料重視の選び方をしている方も多いでしょう。

では、手数料でも納得の証券会社、ライブスター証券をご紹介しましょう。

ライブスター証券は、どういった証券会社かというと、日産センチュリー証券にあった、証券オンライントレード部門を引き継ぎ、2008年に開始した証券会社となっています。

2009年には、ISホールディングスのグループ会社となっており、現在はライブスター証券となっています。

サービス内容としては、株式売買手数料は10万円の場合には、84円。30万円の場合には、189円。

50万円の場合には、189円となっており、圧倒的に手数料が安いという特徴があります。

「手数料などの費用は、極力抑えたい」と考えている方にとっては、納得いく証券会社といえるでしょう。

取り扱い商品は、制度信用取引、立会外分売り、単元未満株、日経225先物、日経225オプションなど。

サイト機能としては、気配情報やスクリーニングが可能。

注文機能は、逆指値やOCO注文、往復注文、IFDO注文、不正注文が可能となっています。

様々な注文機能が利用出来るのも、特徴といえるでしょう。

スマートフォンに関しても、iPhoneアプリやandroidoアプリ、スマホ専用サイト、従来型の利用も可能となります。

手数料を抑えたいと考えている方や、様々な注文を行いたいと考えている方にとっては、ライブスター証券はとても利用しやすい証券会社となるでしょう。





松井証券について

「証券会社を選ぶ際には、歴史のある証券会社を選びたい」と考えている方も多いと思います。

特に、株初心者の方にとっては、信頼性のある証券会社を選びたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

では、歴史ある証券会社のひとつ、松井証券をご紹介しましょう。

松井証券は、1918年に創業をしている歴史ある企業。

1931年には、松井商店を設立しており、その後1947年には松井證券に変更。

1998年には、インターネット取引もはじめており、現在の松井証券として人気のある証券会社となっています。

サービス内容としては、株式売買取引手数料として、10万円、30万円、50万円ともに、0円となっています。

「どうして、手数料がかからないの?」と不思議に思われる方も多いと思いますが、松井証券では一日定額制を摂っており、一約定毎に手数料が発生することになります。

松井証券で扱っている商品は、制度信用取引、一般信用取引、貸株、立会外分売、IPO、単元未満株、日経225先物、日経225オプション、海外先物など、幅広い消費を扱っています。

サイト機能としては、気配情報やスクリーニングが可能。注文機能についても、逆指値やOCO注文、往復注文、IOC注文、指成注文など様々な注文方法も可能となっています。

このように、松井証券では様々な注文方法も出来、扱っている商品も数多くなっていますから、きっと納得出来る株投資が出来るはずですよ。

株初心者の方にとっても、安心の証券会社といえますよ。





楽天証券について

「株投資をする際には、ある程度まとまった投資をしたい」と考えている方も多いと思います。

貯金をしておくより、投資をした方が「増やしやすいだろう」と思っている方も多いでしょう。

では、そんな方におすすめの証券会社、楽天証券をご紹介しましょう。

楽天証券とは、ネットショッピングでも有名な楽天により運営されているネット証券会社。楽天では、楽天銀行などもありますので、銀行と提携をしていることで、振込などもとても便利に利用することが出来るんですよ。

手数料に関しては、成行、指値の場合には10万円は145円。50万円は358円。

100万円は639円となっています。

1日定額を利用すると、10万円は450円。50万円は450円。100万円は、900円となっています。

入金に関しては、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ジャパネット銀行、楽天銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行などの利用が可能となり、無料で利用することが出来ます。

扱っている商品は、投資信託、IPO、中国株、米国株、国際、制度信用、一般使用。先物、オプションなど幅広い商品を扱っています。

注文方法に関しては、逆指値、W指値、不出来引け成行などが可能。機能としては、リアルタイム株価や板情報、四季報、スクリーニング、立会外分売などの利用が可能となっています。

携帯電話やスマートフォンなども、様々な機種に対応していますから、外出先での取引も行いやすくなっていますよ。

30万円以上入金している方は、便利なマーケットスピードを無料で利用することも出来ますので、ぜひチェックしてみてくださいね。





カブドットコム証券について

「証券会社で口座を開設する際には、出来るだけサービスが充実している証券会社を選びたい」と考えている方も多いと思います。

特に、株初心者の方の場合には、取引に不安がある方も多いでしょうから、サービスが充実している証券会社であれば、安心感がありますよね。

では、サービスが充実している証券会社、カブドットコム証券をご紹介しましょう。

カブドットコム証券は、機能も充実しており、初心者の方でも利用しやすいサイト作りをしていますから、とても利用しやすいですよ。

まず、サービス内容として手数料設定はどのくらいになっているかというと、成行、指値の手数料は10万円は189円。

50万円は567円。

100万円は、1,039円となっています。

入金する際には、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、スルガ銀行、ジャパネット銀行、じぶん銀行、ゆうちょ銀行が無料で利用出来ます。

扱っている商品は、ミニ株、投資信託、IPO、制度信用、一般信用、先物、オプションなど。

ミニ株も扱っていますから、株初心者の方はこういったミニ株から投資をはじめてみるのも良いのではないでしょうか。

注文方法としては、逆指値、W指値、±指値、連続注文、反対売買注文、不出来引け成行などが可能。

機能は、リアルタイム株価や板情報、四季報、スクリーニング、夜間取引、立会外分売などが可能となります。

株初心者の方は、取引に慣れていないため、取引に不安を感じている方も多いと思いますが、カブドットコム証券であればスムーズに取引が出来ますよ。





株式投資の始め方・おすすめ~株初心者の注意~

操作ミスについて

株取引をはじめたいと考えている方は、「少しでも、使っていない資産を増やしていきたい」と考えている方が多いと思います。

銀行などに入金していても、金利は期待出来ませんから、その資金を使って投資をはじめたいと考えている方も多いでしょう。

しかし、株取引を進めていく際には、注意点もあります。

特に、株初心者の方の場合には、取引に慣れていないことでミスをしてしまい、大きなリスクを背負うこともあります。

では、株取引の際に注意したい操作ミスについて、ご紹介しましょう。

株取引を行っていく際には、自宅のパソコンや外出先にスマートフォンなどで行う方が多いと思います。

特に、スマートフォンなどの場合には、文字も小さくなりますし、指などが触れてしまう可能性がありますから、操作ミスに繋がってしまう可能性が高くなります。

取引の際、買いと売りを間違えて入力してしまうケースもあれば、注文数などをミスしてしまうケースもあります。

こういったミスは、大きな損失を招く可能性もありますから、注意が必要。取引に慣れてきても、確認しながら取引を進めていくことが重要となります。

慣れるまでは、取引を行う際、ひとつひとつ入力後に確認をしていくと安心ですよ。

このように、株初心者の方に注意して欲しいのは、操作ミス。

操作ミスによって、せっかくはじめた投資がマイナスとなってしまう可能性もありますので、慎重に操作していくことが必要。

出来れば、時間に余裕のある時に行いましょう。





過剰取引について

これから少しのお小遣いで投資をはじめていこうと考えている方もいると思います。

慣れるまでは、少額で投資のほうが安心できますよね。

株投資は、リスクも伴うものですから、慎重に行っていく必要がありますからね。

では、株初心者の方の注意点のひとつ、過剰取引について、ご紹介しましょう。

株初心者の方は、最初のうちは少額の投資からはじめる方が多いでしょう。

しかし、少しずつ取引にも慣れてくると、「もう少し、額を増やしてみようかなぁ」と思う方が増えてきます。

「このくらいの取引であれば、問題なさそうだなぁ」と簡単な気持ちで、どんどん投資額を増やしてしまう方も少なくありません。

取引を行う際には、パソコンやスマートフォンなどを使って行うことになりますから、お金が動いているという実感が持てず、ゲーム感覚となってしまう方も少なくありません。

そして、その結果「気づいたら、こんな大きな額を投資してしまった」となってしまう方もいます。

マイナスとならなければ、問題ありませんが、投資額が大きくなれば、それだけリスクも大きくなることは忘れてはいけません。

このように、株初心者の方は取引を行う際には常に冷静な判断が必要となります。

過剰取引などを行ってしまうと、後々後悔してしまうこともありますから、十分注意しましょう。

どんなに、パソコンなどを使った取引でも、お金が動いているということは常に忘れずにいましょう。





コンピュータウィルスについて

株取引を行う際には、「自宅のパソコンを使って、取引を行っていこうと考えている」という方も多いと思います。

そういった方は、そのパソコンの環境はしっかりと整っていますか。

パソコンをお持ちの方は、ウイルスソフトなどを入れている方がほとんどだと思いますが、まだウイルスソフトなどを入れていない場合には、まずはパソコン環境を整えることが大切。

では、株初心者の方に注意してほしい、ウイルス対策について、ご紹介しましょう。

「どうして、株取引を行う際にウイルス対策が必要なの?」と思われる方もいると思いますが、パソコンを使った取引を行っていく場合には、いつでもパソコンをチェック出来ることが基本。

万が一、ウイルスなどが侵入してしまった場合には、株の取引きが一切行えなくなってしまいます。

また、個人情報が漏えいしてしまう可能性もありますから、とても大きなリスクを背負うことになります。

細目に取引を行おうと考えている方は、取引の最中にパソコンが使用出来なくなってしまえば、損失を出してしまう可能性もあるでしょう。

インターネットを利用する際には、株取り引きのためだけではなく、しっかりとしたウイルス対策を行い、自分の情報を守ることも大切となります。

このように、株初心者の方はまずは利用するパソコンの環境も整えることが大切。

まだ、ウイルスソフトなどを入れていない方は、まずはウイルスソフトを準備してから、口座開設へと進みましょう。